Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

Suning が中国で無人店舗4店舗を開設へ – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)

Suning が中国で無人店舗4店舗を開設へ

AsiaNet 70989 (1794)

【南京2017年11月10日PR Newswire=共同通信JBN】
*最先端の無人店舗がいまや中国全土に広がる

中国の巨大小売企業Suning Holdings Group(以下「Suning」ないし「グループ」)が保有し、フォーチュン・グローバル500社に入っているSuning Commerce Group(以下「Suning Commerce」)は、中国で年間最大のショッピング・イベント「11/11 ショッピングフェスティバル」を間近に控え、中国に新たな無人自動化店舗を4店舗開設すると発表した。

Suningは8月に南京で最初のセルフサービス店舗「Suning Sports Biu」を開設した後、今週初めに上海で2番目のキャッシャーレス店舗を立ち上げた。また、北京、重慶、徐州ではさらに3店舗が近くオープンする予定である。より豊富な商品カテゴリーで、スポーツ製品やF.C. インテルナツィオナーレ・ミラノなど有名なサッカークラブの記念品アイテムを販売するだけでなく、 消費者は、ガジェット、パーソナルエレクトロニクス、食品およびFMCG商品を見つけてより個性的な購買要求を満たすこともできる。

Suning Holdings Groupのジャン・ジンドン会長は「『Biu』店舗は『スマートリテール』店舗の最新のイノベーションである。Suningには1500超の実店舗があり、数年前に大規模なデータドリブン・スマートストアにアップグレードされた。 Suningの無人店舗モデルは、豊富なオフライン経験とオンライン・ツー・オフライン(O2O)リテールにおける利点により、コンセプトとトライアル段階を経て、いまやスケールアップする用意が整った。これらの店舗はビジネスのために立ち上げられ、再現性があり、費用対効果が高く、テクノロジー面でも優れている。今日のテクノロジーに精通した消費者は異なるショッピング体験を期待しているため、われわれは小売業界にはもっと多くの機会があるとみており、Suningは顧客に最高のサービスを提供することに専念している」と語った。

顔認識テクノロジー、RFID(無線通信による自動認識システム)、ビックデータ分析、および保有するオンライン金融サービスにより強化されたSunningの無人店舗は、スムーズなショッピングや、他の類似店よりも迅速な支払い処理を提供し、ユーザーエクスペリエンスを最適化する。 ハイライトは以下の通り:
*顔認識-銀行カードをリンクしてSuning Financeアプリで顔認識を行った後、顧客は入口で顔をスキャンするだけで店に入ることができる。
*楽なショッピング・エクスペリエンス-買い物客は商品を決済経路に沿って運ぶだけでチェックアウトできる。システムが顔認識とRFIDテクノロジーを使って買い物客とその商品を自動的に認識し、チェックアウトプロセス全体を15秒未満に短縮する。
*顧客トラフィック・フロー分析-Suningによって開発された監視カメラおよびアルゴリズムシステムが、店舗内の顧客の流れを計算、分析して、商品配置最適化と店舗運営強化をサポートする。

Suningは、長年にわたって約4000の自主管理型店舗および異なるコミュニティーをターゲットとしたアウトレットを運営してきた経験に基づき、より多様化した製品ラインをカバーする無人店舗の在庫管理単位(SKU)の提案を拡大する方針である。無人店舗では、クリエーティブなアイテムを表示するためのAR(拡張現実)テクノロジーが採用され、スペース使用が最適化される。

▽Suning Holdings Groupについて
1990年に創業したSuningは中国の大手商業企業。従業員は18万人で、中国と日本の上場企業2社を抱える。Suningは数十年にわたる成長と変革を通じて、6つの業界でビジネスプレゼンスを確立した。Suningは2017年、中国の非国有企業のトップ500社リストで2位になり、Suning Commerceは同社の歴史で初めて、Suning Holdings Groupの下で2017年のフォーチュン・グローバル500社入りした。

より詳細な情報はhttp://www.suningholdings.com/cms/en/index.htm を参照

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20171110/1989574-1-a
Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20171110/1989574-1-b

ソース:Suning Holdings Group

Suning to Open Four New Unmanned Stores in China

PR70989

NANJING, China, Nov. 10, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

-Cutting-edge Unmanned Stores Now Spreading across the Country-

Suning Commerce Group, a Fortune Global 500 company owned by Suning Holdings
Group (“Suning” or “the Group”), a commercial giant in China, has announced to
open four new unmanned automated stores in China, close to the country’s
largest annual shopping spree, the “11/11 Shopping Festival”.

After rolling out the first self-service store “Suning Sports Biu” in Nanjing
in August, Suning launched its second cashier-less store in Shanghai earlier
this week. Also, three more stores will be opened soon in Beijing, Chongqing
and Xuzhou. With richer product categories, the new stores will not only sell
sports products and souvenir items of well-known football clubs, such as F.C.
Internazionale Milano, consumers could also find gadgets, personal electronics,
food and FMCG goods to fulfill more unique purchasing demands.

“The ‘Biu’ store is the latest innovation of Suning’s ‘Smart Retail’,” said
Zhang Jindong, Chairman of Suning Holdings Group. “Suning has more than 1,500
brick-and-mortar stores which have been upgraded to big data-driven smart
stores years ago. With extensive offline experience and advantages in O2O
retail, Suning’s unmanned store model has undergone the concept and trial
stages, and is now ready to scale up. These stores are launched for business,
and are reproducible, cost-wise and technology-wise. As today’s tech-savvy
consumers expect different shopping experience, we see more opportunities in
the industry and Suning is dedicated to create best services for our
customers,” convinced Zhang.

Powered by facial recognition technology, Radio Frequency Identification
(RFID), big data analysis and its owned online financial services, Suning’s
unmanned stores offer a frictionless shopping and a paying process quicker than
other similar stores to optimize the user experience. Highlights include:

-Facial recognition – After linking a bank card and going through the facial
recognition on Suning Finance app, customers will be able to enter the store
simply by letting the camera scan their faces at the entrance.
-Effortless shopping experience – To check out, shoppers only need to carry
their goods along the payment pathway. The system will automatically recognize
the shoppers and their items with the facial recognition and RFID technology –
making the entire check-out process shorter than 15 seconds.
-Customer traffic and flow analysis – The surveillance cameras and an algorithm
system developed by Suning is used to calculate and analyze customer flow in
the stores to help optimize the product placement and enhance the shop
operation.

With its years of experience in running approximately 4,000 self-managed stores
and outlets targeting on different communities, Suning plans to expand its
offerings of Stock Keeping Units (SKUs) in the unmanned stores to cover more
diversified product lines. The unmanned stores will also feature Augmented
Reality (AR) technology to display creative items, optimizing the space usage.

About Suning Holdings Group

Founded in 1990, Suning is one of the leading commercial enterprises in China
with 180,000 employees and two listed companies in China and Japan. Through
decades of growth and transformation, Suning has established a business
presence in six industries. In 2017, Suning was ranked second on the list of
China’s top 500 non-state owned enterprises, and for the first time in
corporate history, Suning Commerce, under Suning Holdings Group, was named to
the 2017 list of the Fortune Global 500.

For more information, please visit:
http://www.suningholdings.com/cms/en/index.htm

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20171110/1989574-1-a  
Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20171110/1989574-1-b

SOURCE: Suning Holdings Group




More from my site

Related Post

コメントを残す

Loading…