Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

Spring Japan(春秋航空日本)を初めて予約する方法まとめ – ORICON NEWS

Spring Japan(春秋航空日本)は、2014年8月1日から国内で就航したばかりの新規LCCです。成田空港を拠点として、現在は高松、広島、佐賀へ運航しています。
これまで数多くのLCCを利用してきた航空ジャーナリストである筆者が、Spring Japanのフライトを賢く予約する方法を紹介します。
※日本と中国の間を就航している国際線の「春秋航空」とは、サービスが異なるので注意。




成田と地方3都市を結ぶSpring Japan(春秋航空日本)に乗ってみよう!



写真:坪田 敦史



Spring Japan(春秋航空日本)は、現在、成田から佐賀、広島へは1日2往復、高松へは1日1往復のフライトがあります。(2014年10月26日から成田-佐賀線は1日1往復)
成田→佐賀 1日2便(IJ601, IJ603)
佐賀→成田 1日2便(IJ602, IJ604)
成田→広島 1日2便(IJ621, IJ623)
広島→成田 1日2便(IJ622, IJ624)
成田→高松 1日1便(IJ613)
高松→成田 1日1便(IJ614)
フライトスケジュールは変更になる場合があるので、Webサイトで日程を選んで運航便の詳細を検索して下さい。
Spring Japan(春秋航空日本)が運航するこれらの便は、Webサイト、コールセンター、契約旅行代理店で予約できます。ここでは、Webサイトからの予約(パソコンやスマートフォンからの予約)方法を説明しましょう。
操作画面の順番は次のようになっているので、途中で迷うことがないように、予約の流れ(全体)をまず把握しておきましょう。
(step1) 「ご利用便の選択」 → 区間、日付、人数を選択
(step2) 「運賃の選択」 → 空席があるフライトから希望の運賃を選択
(step3) 「お客様情報の入力」 → 氏名などの情報を入力
(step4) 「付帯サービスの選択」 → 受託手荷物の有無を選択
(step5) 「座席指定」 → 座席指定(有料)をする、またはしない
(step6) 「お支払」 → クレジットカード決済か現金決済を選択し、情報を入力




Spring Japan(春秋航空日本)のサイトで希望の便、運賃の種類を選んで予約する



写真:春秋航空日本



Spring Japan(春秋航空日本)公式サイトのトップページでは、すぐにフライトを検索する画面が表示されています。出発地・目的地・出発予定日・予約人数など、自分の希望する条件を入力し、検索ボタンを押すとフライトスケジュールと運賃が出てきます。運賃は、次の3種類があり、それぞれ予約条件(サービス内容)が異なります。
「スプリングプラス」
→ 「変更」「払戻」は可能。受託手荷物は20kgまで無料。多少値段は上がりますが、自分都合で旅程の変更が予想されるときなど、条件のいい運賃です。72時間前までの予約便変更は無料。
「スプリング」
→標準的に選択するリーズナブルな運賃です。 「変更」「払戻」は可能。受託手荷物は10kgまで無料。ただし「変更」「払戻」は全て有料です(出発24時間以内は不可)。手数料等これらの条件は「スプリングプラス」とは異なるので、予約前にWebサイトに記載されている注意事項をよく読むことが必要です。
「ラッキースプリング」
→インターネット予約限定のキャンペーン運賃で、設定日のみWebサイトで表示されます。運賃は一番オトクですが、「変更」「払戻」はできません。また、受託手荷物は全て有料になります。
※これらの運賃体系とサービス内容は、同じ名称でも春秋航空の国際線とは異なるので注意して下さい。
Spring Japan(春秋航空日本)をネットで予約するのが初めての場合は、希望の便を選択した後、さらに画面下の「初めての方」と表記してある「お客様情報の入力へ進む」をクリックして下さい。
ここで「クイックアカウント」登録をする必要があるので、メールアドレスやパスワードのほか、氏名などの情報を入力(お客様情報の入力)し、預け手荷物があるかどうかを入力(付帯サービスの選択)すると、座席指定の画面に移行します。




快適に乗るために!シートの種類、場所を選択して予約する



写真:春秋航空日本



Spring Japan(春秋航空日本)では、4種類の座席が用意されています。
これらの座席をインターネットで選択するには、運賃の他に表記の追加料金が掛かります。
※( )内はコールセンターまたは空港カウンターで指定する場合の追加料金。
「コンフォートシート」=1列目 1,000円(1,300円)
機内で一番足元の広い座席。人一倍ゆったりと快適なフライトを楽しみたいときは、このシートを選ぶといいでしょう。1便に6席だけなので人気があります。希望するなら、予約はお早めに。
「レッグシート」=16、17列目 700円(1,000円)
非常口列の席で、足元がゆったり。非常口設備の関係で16列目はリクライニングができないので注意。利用する際は、「年齢が15歳以上であること」など、いくつかの条件があるので、事前に注意事項をよく確認するように。
「フロントシート」=2、3列目 500円(800円)
後方座席に比べ、足元がややゆったりとした前方座席。到着したら早く降りたい方にもオススメです。
※写真中央が2列目
「スタンダードシート」=5〜15列目と18〜33列目 200円(500円)
上記以外の標準座席を指定する際の料金です。ただし、15列目は非常口設備の関係でリクライニングができないので注意。
座席指定の画面表示を見ると分かるのですが(次項)、5〜15列目は通路を挟んで左右対称ではなく、右側の列は、左側の列よりも若干ですが、足元に余裕があるかと思います(右側列は10列目がないため)。チェックしてみて下さい。13〜15列目などは位置が翼の上になり、窓からの眺めが良くない点はありますが、空いていればオススメでしょう。
なお、座席指定をしないで予約した場合は、友達同士など複数人数で搭乗する際も席が離れてしまう可能性があります。また、機内の他のシートに空席があって他のスペースにゆとりがあったとしても、航空会社側で指定した座席にきちんと座る必要があります。
事前に座席予約をしておくことがフライトを楽しむ秘訣です。ぜひ指定しましょう。




Spring Japan(春秋航空日本)の予約を完了するには。決済方法を選ぶ



写真:春秋航空日本



画面のように希望する便や座席を選択し、予約の作業を進めると、最後は決済方法の選択です。
「クレジットカード決済」の場合は1区間につき300円の支払手数料が掛かりますが、情報を入力し、操作を終えると、予約が全て完了するので、一番ラクな方法と言えるでしょう。
クレジットカードを使用しない人は、「コンビニエンスストア(現金)決済」が選択できます。「ローソン」「ファミリーマート」「サークルKサンクス」「ミニストップ」「セイコーマート」の端末での支払いに対応しています。やはり1区間につき300円の支払手数料が掛かります。
ただし、コンビニ決済ができるのは、72時間前までの予約便です。そして予約後6時間以内の決済(コンビニに行くこと)が必要になるので、注意して下さい。期限までに購入しないと、予約は自動的に取消になってしまいます。
なお、コールセンター(電話での予約)では銀行振込に対応している他、空港カウンターでの予約の場合は直接現金での支払いが可能です。
サイトの注意事項をよく読みながら決済を完了させて下さい。
なお、搭乗の際は、「予約確認書」「QRコード」「予約番号」のいずれかが必要です(予約の最後の画面、あるいは届いたメールで確認)。クレジットカード決済の場合は使用したクレジットカードの提示が必要になる場合があるので、忘れないように。




Spring Japan(春秋航空日本)は早めの予約がおトク!キャンペーン価格を上手に利用する



写真:春秋航空日本



キャンペーン価格の運賃「ラッキースプリング」は、Spring Japan(春秋航空日本)のWebサイトで事前に告知されています。
これまで予約販売を実施した「737キャンペーン」では、全路線で片道737円〜の運賃が提供されました。
また、「冬ダイヤSALE」では全路線で片道1,000円〜の運賃が発表されました。販売期間は3日間と短かったですが、今後も不定期で発表されるキャンペーン価格に期待しましょう。
これらのキャンペーン価格については、随時webサイトをチェックする必要があります。過去にSpring Japan(春秋航空日本)を予約した人は、アカウントの登録が済んでいるので、メールで案内が送られてくる可能性があります。まだ利用したことのない人は、Webサイトの「予約のご案内」から「会員」→「新規入会」に進んで、登録を済ませましょう。
「ラッキースプリング」で提供される座席数は少ないので、キャンペーン(発売期間)が開始されたら、すぐに予約画面へ! 賢く利用しましょう。




予約、決済が完了したら、搭乗の日を待つばかりです!



予約は上手にできましたか?
インターネット予約の場合は、決済が完了するとメールが届いているはずです。
LCCの予約は、インターネット(パソコン、スマートフォン)の利用が標準的な方法です。もちろんコールセンターに電話する方法でも全く問題ありませんが、予約や運賃の条件に関しては、色々な注意事項もあるので、初めてSpring Japan(春秋航空日本)搭乗する方は、Webサイトを一読する必要があると思います。
とてもリーズナブルな料金で、地方と東京を行き来できるのは、LCCならでは。時期によって運賃は違いますが、旅費が安く済めば、旅先での楽しみも広がります。
無事予約が済んだら、フライトの日を楽しみに待つことにしましょう!
【この記事は 春秋航空日本株式会社 とのタイアップです。】




■関連MEMO
Spring Japan(春秋航空日本)の搭乗方法と機内サービスまとめ
http://guide.travel.co.jp/howto/34/






【トラベルjpナビゲーター】
坪田 敦史













Related Post

コメントを残す

Loading…