Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

PC版『GTAV』、Modツール「OpenIV」の公開差し止めによりSteamで2万件以上の不評レビュー。公開再開願う3万人規模の署名活動も – AUTOMATON

先日、パブリッシャーTake-Two Interactiveの要請によりModツール「OpenIV」の公開差し止めが行われた『Grand Theft Auto V』だが、同作のPC版へと多数の不評レビューが寄せられていることが明らかとなった。同作が配信されているSteamでは、「ここ最近」の区分でレビューが2万6242件寄せられており、その内の81パーセント、2万件以上が不評を訴えるものとなっている(※記事執筆時点の数値)。

「OpenIV」は『GTAV』のテクスチャやサウンドなどを置き換えるツールで、キャラクターや車を変更するModを使用する場合には、ほぼ導入必須といえる存在である。開発元のRockstar Gamesは、『GTAV』においてシングルプレイヤー向けであればModを許容する姿勢を示してきたが、Take-Twoは先日、「OpenIV」が『GTA Online』向けの悪意あるModに使用されているとして、開発・公開停止を要請した(関連記事)。ツールの性質から考えるに、チートなではなく『GTA Online』の有料コンテンツである車両やキャラクターの衣装を不正に使用する例などが考えられるのだが、現時点で「OpenIV」による悪意あるModの具体的な内容は明らかにされていない。


スポンサーリンク

Steamに寄せられたここ最近のレビューを見ると、ほぼすべての内容がModに関する批評となっており、「OpenIV」への要請により2万件以上の不評が寄せられているのは火を見るよりも明らかだ。名前からもわかる通り、「OpenIV」は『GTAIV』の時代に発足したツールであり、現在までに10年以上、Modコミュニティと共に開発が続けられてきた。PC版『GTAIV』のSteamストアページでも、同様にMod関連の不評レビューが寄せられている。

このほか、署名サイトChange.orgでは、「OpenIV」の公開再開を願う署名活動がスタート。3万5000人の賛同者を募っており、3日間ですでに2万7000人以上が賛同している状況だ。

ビデオゲームを改造・変更し、それらのデータやツールを配布して共有するMod文化は、著作権などと照らし合わせれば常にグレーな行為であり、許容されるかどうかはパブリッシャーやデベロッパーによるものとなる。『The Elder Scrolls』や『Fallout』シリーズでModを許容するBethesda Softworksのような例もあれば、もちろんModを禁止する企業が存在していてもおかしくはない。

とはいえ、『GTAIII』から長年ModコミュニティがPC版『GTA』シリーズを支えてきた背景を考えると、Take-Twoには対話や譲歩する余地があったのではないかと考えずにはいられない。『GTA:SA』のホットコーヒー問題などを思い起こすと、Take-TwoはModアンチな企業になったのかと考えられそうだが、たとえば同じく同社が販売する『XCOM』シリーズでは最新作でもModを許容する姿勢を示しており、今回の件はRockstarが声明を出したように『GTA Online』を保護するための行為であるとは考えられる。混乱はもうしばらく続きそうだ。






More from my site

Related Post

コメントを残す

Loading…