Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

LINE、トヨタと音声AI「Clova」で提携–ファミリーマートの次世代プロジェクトにも参画 – CNET Japan

 LINEは6月15日、同社が1年に一度開催する大規模カンファレンス「LINE CONFERENCE 2017」にて、同社の音声AIプラットフォーム「Clova」を使ったコネクテッドカー領域において、トヨタ自動車と基本合意書を締結したと発表した。


AIプラットフォーム「Clova」でトヨタと連携

 クルマとスマートフォンを連携する「スマートデバイスリンク(SDL)」とClovaを連携。LINEの音声の読み上げや返信のほか、Clovaが提供する機能をクルマでも利用できる。SDLはコネクテッドカー向けのオープンプラットフォームで、アプリとクルマを連携させることが可能。例えば、Clovaが音声読み上げをしている際でも、急加速・急発進時には読み上げを中止。運転に集中できる。

 SDLは、トヨタとフォードがコンソーシアムを立ち上げ、マツダやスバルなどの自動車メーカー、パイオニア、パナソニック、さまざまなコンテンツプロバイダが参画している。トヨタ自動車シニアマネージングオフィサーの友山茂樹氏は、同カンファレンス上で「今回、LINEと新しいサービスを実現するために協業することで合意した。LINEの有する世界最先端のコミュニケーション技術とSDLを連携したモビリティサービスに期待してほしい」と述べた。

 併せて、カンファレンスではClovaとファミリーマートとの連携も発表した。ファミリーマートが進める次世代コンビニプロジェクトにLINEが参画するという。





ファミリーマートとも連携

More from my site

Related Post

コメントを残す

Loading…