Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

調べてみた! セイコーマートの略称は「セコマ」派と「セイコマ(セーコマ)」派、どっちが多い? – Jタウンネット

北海道ナンバーワンのコンビニチェーン、セイコーマート。最近話題となったのが、セイコーマートの略称はいったい何?ということ。「セコマ」というところもあれば、「セイコマ」、「セーコマ」と伸ばすところもあるというのだ。

そこで、Jタウン研究所では、セイコーマートの略称について、都道府県別にアンケート調査を行った(総投票数181票、2015年4月21日~4月28日)。

セイコーマートの略称は?(Jタウンネット調べ)
セイコーマートの略称は?(Jタウンネット調べ)

結果が、上の円グラフだ。「セコマ」は28.2%、「セイコマ」は44.8%、「セーコマ」は27.1%だった。

また都道府県別の投票数を見てみると、総投票数181票中、北海道が85票、東京が61票、茨城が8票、他の府県はほとんどゼロに近い。セイコーマートの店舗数は北海道が1000店を超える一方、本州では茨城県に80店近くある。茨城県で比較的投票が多かったのはそのためだろう。東京都にはまったく出店していないが、61票という投票数はおそらく北海道出身者か、茨城県・埼玉県在住者で東京に通勤、通学している人と推測される。

茨城では「セーコマ」派がトップ

まず北海道からの投票を見てみよう。「セコマ」は34.1%、「セイコマ」は40%、「セーコマ」は25.9%だった。北海道出身者によると、「セコマ」と呼ぶ人は道都・札幌に多く、それ以外の地域では「セイコマ」「セーコマ」になる、との説が一般的らしいが、北海道はさすがに広い。「セコマ」と短く呼ぶのは、道内の約3分の1だ。残りの3分の2は「セイコマ」「セーコマ」と伸ばして呼ぶらしい。しかも「セイコマ」派がトップに立った。

北海道(Jタウンネット調べ)
北海道(Jタウンネット調べ)

東京からの投票を見てみよう。「セコマ」は26.2%、「セイコマ」は45.9%、「セーコマ」は27.9%だった。東京では「セイコマ」派の一人勝ちだ。「セコマ」派、「セーコマ」派を抑えての圧勝である。おそらく札幌出身者と思われる「セコマ」派は最下位。とはいえ、おおむね北海道の結果と近い勢力分布だ。

東京(Jタウンネット調べ)
東京(Jタウンネット調べ)

最後に、県内に80店近くのセイコーマート店舗を持つ茨城県からの投票を見てみよう。「セコマ」は12.5%、「セイコマ」は37.5%、「セーコマ」は50%だった。茨城では「セーコマ」派がトップを占めた。「セコマ」派はなんと最下位に沈んでいる。茨城においては、セイコーマートの略称にも独自の文化ができているようだ。




茨城(Jタウンネット調べ)
茨城(Jタウンネット調べ)

Related Post

コメントを残す

Loading…