Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

読書離れ加速し書店は毎年500店以上閉店 「本との出会い」書店員の … – ニフティニュース

 読書離れの加速と同時に、書店が減少し続けている。2003年度に全国に2万880店あった書店は2016年度には1万4098店とわずか十数年で約3割も減った。毎年500店以上が閉店し、昨年も668店舗が姿を消した。

 読書は楽しいし、面白い。人生を豊かにもしてくれる。でも、きっかけがないために本を読むチャンスを逃していることも少なくない。

『まちの本屋』(ポプラ社)の著書がある岩手県盛岡市のさわや書店フェザン店の田口幹人店長は、書店が減少していることがさらに本離れを加速させていると話す。

「用がなくても何気なく書店に行って、思ってもみなかった本を買う。そういう経験をしたかたは少なくないと思います。昔は本というものに触れる機会があって、当たり前のように本があった。ところが書店が消えていくことで、最近は、書店を身近なものに感じる人が減ってしまった」

 美術大学出身で造形作品の制作も手掛けているコントコンビ・ラーメンズ片桐仁さんは、読書家であると同時に「本屋を見つけて、ちょっとでも時間があれば必ず入る」と言うほどの“本屋好き”だ。

「本屋に入って雑誌がばーっと並んでいたり、本が平積みされたり。それを眺めているだけでワクワクしますよね。例えば青山ブックセンター六本木店は、中二階の広いフロアにビジュアルの本、演劇の本、図鑑、文庫も並んでいて、そこをブラブラするだけで楽しいんです。

 美術館を取材することが多いのですが、六本木に来て国立新美術館や森美術館を訪れた後にこの本屋に立ち寄る。美術館に行って創作意欲を刺激され、その昂揚した気持ちをキープしたまま本屋に行きたいんです」(片桐さん)

 書店は人と本との出会いの場。本を買いに来る客をただ待つのではなく、少しでも多く本との“いい出会い”をしてもらうために努力を惜しまない書店もある。

 前出・田口さんが店長を務めるさわや書店フェザン店を訪れると、大型書店に比べれば決して広いとはいえない155坪の店内に、あちこちに手書きの文字がびっしり書き込まれた張り紙がしてあった。

 例えば林真理子さんの新刊『我らがパラダイス』(毎日新聞出版)には〈老いた両親の『介護』という深刻な問題に直面した3人の女性の心理を愁訴かつコミカルに描かれている(中略)不条理な現実に対する徹底的な抵抗〉(一部抜粋)とある。タイトルだけではわからない、そして単なる要約ではない“その本から何を感じ取ってほしいか”が、熱く綴られている。

「新刊だからPOPをやるということではありません。お客さまにとって“ああ、出会いたかったのはこの一冊だ”というタイミングがあって、買われていくんです。古い本でもいつか旬がやってくる。そのタイミングで、いかにお客さまに提案できているかを、書店員は問われているのだと思います」(田口さん)

 同店には「郷土の棚」という名物コーナーがある。そこには岩手県の歴史や風土、風俗に関する本が並んでいるとは限らない。記者が訪れた時にはなぜか教育関係の本が並んでいた。「岩手では2020年に向けて、学校改革をやることが話題になっている」(田口さん)からだという。

 このコーナーで爆発的に売れた本がある。『吾わが住み処じよここより外ほかになし』(岩見ヒサ著、萌文社)。田口さんはその本のPOPにこんな言葉を添えた。

〈岩手県に原発がない理由が本書を読むと分かります。一一八ページをご覧ください〉

 元開拓保健婦の生涯を書いた本だが、実は岩手県が原発を誘致するかどうかが県議会の議決までいった時に、真っ先に反対運動を始めたのが岩見さんだった。

「福島の原発事故が起こる10か月前に出された本でしたが、この本を原発の本として売る人はいなかったと思います。だけどこの本を読めば、なぜ岩手県に原発ができなかったのかがわかるんです」(田口さん)

 さわや書店は、全国的なベストセラーを生み出したことでも知られている。『思考の整理学』(外山滋比古著、ちくま文庫)は〈もっと若い時に読んでいれば…そう思わずにはいられませんでした〉というPOPがきっかけで、フェザン店で月に100冊売れるようになり、出版社がこのPOPを全国に広げたことで200万部の大ベストセラーになった。

「書店員がお客さまとコミュニケーションを取り、本をめぐる会話をして、お客さまとの関係を“耕して”いく。そうすることで信頼関係が深まり、提案を聞いてもらえるようになるんです」(田口さん)

 昨年には、同店がタイトルと著者名を隠し、読者へのメッセージだけをカバーに書いて『文庫X』として販売した試みが全国650超の書店に広がり、25万部を売り上げた。

『文庫X』の中身は『殺人犯はそこにいる』(清水潔著、新潮文庫)。12月に“正体”が発表された時には全国的に話題になったほどだ。

 1冊読み終えた読者に、「次の1冊との出会い」を提供する――それも書店の大切な役割の1つだと田口さんは言う。

『「本屋」は死なない』の著者で全国の書店を取材しているジャーナリスト・石橋毅史さんも、リアル書店で人が介在していることの大切さを語る。

「最近、俳句に興味を持っているのですが、ある小さな書店に入った時、俳句本コーナーに城山三郎の『部長の大晩年』という本が差してあった。中を見ると、永田耕衣という、大会社を定年まで勤めながら、俳人としても活躍した人物の話なんです。

 タイトルだけを見ても俳句の本だとはわからないので、その書店に行かなければぼくはその本に出会えなかったかもしれない。書店員が一冊一冊を丁寧に並べているからこそ、思いがけない本が目に留まることがある。それはネット書店にはない良さだと思います」

※女性セブン2017年4月27日号




Related Post

コメントを残す

Loading…