Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

総合スーパーが次々ドンキに…ファミマと新型共同店舗展開に潜む「野望」 – エキサイトニュース

 6月14日の東京株式市場。ユニー・ファミリーマートホールディングスの株価は一時、前日比5.9%上昇し、終値は6300円だった。その後も上昇した。

 一方、ドンキホーテホールディングスの株価は一時4.2%上昇したが、終値は1.7%高の4330円で終えた。

 株価上昇のきっかけは前日の13日、両社が業務提携を発表したことだ。提携のメリットは、ユニー・ファミマのほうが大きいと投資家は判断したようだ。

 提携は、5月にドンキがユニー・ファミマに持ちかけた。具体的な提携内容は今後詰めるが、商品開発やチャネルの多様化、仕入れや物流の効率化などが考えられる。2017年中に契約の締結を目指す。

 資本提携についてドンキの高橋光夫専務・CFO(最高財務責任者)は「協議の中で検討事項になる可能性はあるが、現時点では未定」とした。言及は避けたが、ドンキ側は資本提携に意欲満々だ。

 ユニー・ファミマは、傘下のユニーが展開する総合スーパー(GMS)がお荷物となっている。ドンキと組めば、GMSの立て直しにつながるとの期待から買い物が入った。

 16年9月、旧ファミリーマートと旧ユニーグループ・ホールディングスが経営統合して、持ち株会社のユニー・ファミマが誕生した。旧ファミマは、ユニーグループのコンビニであるサークルKサンクスを合体して新生ファミマに転換。持ち株会社は、傘下にコンビニのファミマとGMSのユニーを持つ体制に移行した。




Related Post

コメントを残す

Loading…