Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

絶対に痩せる!?「コンビニダイエット」を実践したい! – 日刊大衆

 夏のこの季節に誰もが意識するであろう、ダイエット。毎日、薄着を着用するだけでなく、海にプールにと肌を出す機会も多いだけに、それも当然のことだろう。とはいえ、厳しい食事制限やジムに通っての激しい運動なんて、したくないと思うのが人情。そんなあなたに、ぜひオススメしたいのがコンビニダイエットだ。

 コンビニは多くの人にとって身近な存在であるだけでなく、そこに並ぶ商品は、まるで宝石箱でキラキラ光る宝石のよう。ダイエットを意識した瞬間に、コンビニから足を遠ざける人もいるかもしれないが、それは大きな間違いと言っていいだろう。

「コンビニ食品だからといって、太るという根拠は何もありません。むしろ、カロリーや栄養素が明記されていることから、ダイエットにはもってこいとも言えます。普段、家で食べる食事のカロリーや栄養素って、分からないですよね? でも、コンビニの食事なら、それがしっかりと把握できます」(栄養管理士)

 そこで、コンビニダイエットをするうえでの秘訣を、今回は、こっそりお教えしよう! まず一つ目は、コンビニ特性をしっかりと見極めることだ。たとえばファミマでは、ここ数か月、芸能人を起用したダイエットのCMで有名なライザップと組んだ、低糖質商品を投入している。これまで、スイーツやパンだけでなく、パスタやカレーなど豊富なメニュー陣を構築している。

 また、ローソンでは低糖質のパンをかねてより充実させていて、その豊富さで右に出るコンビニは皆無。また、ナチュラルローソン専用だった健康を意識した商品を、通常店舗でも置くようになったことも大きい。

 これに対し、ダイエットと大きく謳った独自商品が少ないセブンイレブンだが、サラダコーナーに行けば、パンチがあってお腹も満たすガッツリ系サラダが充実。男性陣が満足できるメニューが増えているだけでなく、その味はコンビニ界随一と言い切れる。

 また、商品それぞれの特性も見極めてほしい。たとえば、ダイエットを謳っている商品だとしても、低糖質なのか、低カロリーなのか、バランスが取れた商品なのかで、その影響は変わってくる。低糖質の商品に通常の炭水化物をプラスしていては、その意味は薄れるだろう。

 そこで、注意したい点が二つ。一つは、たんぱく質の摂取を意識すること。そして、食事の際には単品で食べるのではなく、組み合わせて食べるということだ。




Related Post

コメントを残す

Loading…