Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

津波に耐えた「ど根性ポプラ」 周辺に広場整備へ 岩手 – 朝日新聞

 震災で甚大な被害を受けた岩手県大船渡市三陸町の越喜来地区で、津波にのまれながら耐え抜いた1本のポプラの木がある。がれきの中でぽつんとそびえ立つ姿から「ど根性ポプラ」と呼ばれるようになった。このポプラの周辺でこのほど、多目的広場の整備が始まった。地区の住民らは、復興のシンボルとして集いの場になればと願っている。

 高さ約27メートルのポプラが立つ周辺は震災前、地区の中心部だったが、浸水区域で居住できなくなった。

 広場の用地は、高台移転に伴って市が買い取った土地と、隣接する民有地を市が取得する土地を合わせて約2400平方メートル。今年度中に測量と実施設計を終えて、来年度に入ってから着工する予定だ。広場には東屋やトイレを整備し、維持管理は地区住民が担う。

 越喜来地区震災復興委員会事務局長の鈴木健悦さんは「津波に流されず、今も力強く生き続けているど根性ポプラは、越喜来の住民にとって復興まちづくりのシンボル的な存在。地域で守っていきたい」と話す。(角津栄一)




Related Post

コメントを残す

Loading…