Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

岩手県大船渡市「ど根性ポプラ」 3度の津波耐え堂々と – 産経ニュース

 真冬の冷え切った三陸の夜。更地に残る1本のポプラが、復興工事を終えた車のヘッドライトに照らし出され、満天の星に浮かんだ。

 岩手県大船渡市の越喜来(おきらい)地区には東日本大震災で約20メートルの大津波が押し寄せた。住民67人が犠牲となり、いまだ21人が行方不明になっている。

 海から約百数十メートルのところに立つ樹高約25メートルのポプラも8割の高さまで海水に浸かった。住民たちは枯れると思ったが、春になると緑が芽吹き、ホッとしたという。その後「ど根性ポプラ」と呼ばれ親しまれている。

 このポプラは熊谷隼子(くまがい・はやこ)さん(86)が営む、酒店と呉服店を兼ねた「くまとみ」の店舗兼自宅の敷地にあった。隼子さんの母、トキハさんが実家から苗木を持ってきて、裏庭に植えた。その時期は昭和の初め頃とみられる。

 25年ほど前、落雷の危険性から住民の間で切ってしまおうという話もあったが、予算の都合で伐採されず生き残った。

 今年6月、このポプラを中心とした公園の建設が始まり、年末に完成する予定だ。近隣の元建設業の男性(72)は「各地に残る震災遺構の扱いは賛否両論だ が、この木は生きている。残していきたい」と話す。

続きを読む




Related Post

コメントを残す

Loading…