Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

小嶋陽太郎『ぼくらはその日まで』の甘酸っぱさにノックアウトされる … – エキサイトニュース

 本書を読まれるにあたって、ぜひおすすめしたいことがふたつ。ひとつは、先に前作『ぼくのとなりにきみ』(ポプラ社刊。よろしければ、2月15日更新のバックナンバーをお読みになってみてください)を読んでおくこと。もうひとつは、読書される部屋の床に置いてあるものをどけてなるべく広めのスペースを作ること。ひとつめはわかるけど、ふたつめは何のためかって? それは、『ぼくらはその日まで』のあまりの甘酸っぱさにノックアウトされて身悶えしてもだいじょうぶなようにするためさ(私も夫と息子らが出払ったすきを見計らい、心ゆくまで和室をゴロゴロと転げ回りました)!

 『ぼくのとなり~』に引き続いて、主要人物は「長谷川調査隊」の3名。この隊のリーダーで、スポーツ万能かつ天真爛漫なハセ(名字はもちろん長谷川)。不思議ちゃん的行動が目立つチカ(近田さん)。そして、シリーズを通じての語り手である慎重派のサク(佐久田くん)。前作では中1だった彼らも2年生に進級した。サクがチカに思いを寄せているのは相変わらずだが、本書では他にもさまざまな恋の話が登場する。新キャラのひとりは、ハセに片思いしているサクのクラスメイト・水瀬さん。と見せかけて、実は…? もうひとりのニューフェイスは、ハセが恋に落ちた高3の桐子さん。あのハセが! 大事なことだから二度言う、あのハセが!

 2年生になるにあたって、昨年度までは全員同じクラスだった3人のうち、サクだけが違う組になってしまった。




Related Post

コメントを残す

Loading…