Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

多発するコンビニ駐車場の交通事故。店が最も嫌がるパターンは? – まぐまぐニュース!

私たちの身近にあるコンビニの知られざる裏話を、業界の内情に詳しいライターの日比谷新太さんが紹介していく当シリーズ。前回の「万引き問題」に引き続いて、今回も「コンビニ業界の闇」の部分にスポットを当て、近年多発しているというコンビニの駐車場での交通事故、そしてたまにルーフ看板が壊れているコンビニがある理由について取り上げています。

コンビニ駐車場で多発する交通事故

コンビニといえば、徒歩や自転車で行くものというイメージを持つ方は多いかもしれませんが、それはコンビニが至る所にある都会だけの話。これが地方になると、自家用車で来店される方の割合が結構多く、それ故に最近のコンビニは、駐車場台数が多くなっている傾向があります。

001

出典:平成26年度「商業統計」より

上の表を見ると明らかなように、コンビニの駐車場台数で最も多いのは、10~19台のスペースです。特にロードサイド店舗となると、駐車場の広さが来店客数と正比例するケースが大半。コンビニ経営にとって駐車場の台数は、実は重要なファクターとなるのです。

さて駐車場台数が増加すると、自ずと発生件数が増えてしまうのが、その駐車場内で起きる車同士の衝突といった事故です。

お客さんの車同士が衝突したり、商品搬入のトラックが駐車中のお客さんの車と衝突したりと、そのケースは様々。そのなかでも、コンビニ側として最も困ってしまうのが、商品搬入トラックとお客さんとの衝突事故(人身事故)です。

店舗の駐車場内で交通事故が発生した際に、非常に厄介なのが事故後の対応です。事故が発生した場合、当然ですが最寄りの警察に届け出を行います。その後、警察による現場検証が行われるのですが、それが終了するまでの間、お客さんの出入りが極端に減少するケースが数多く発生するからです。

コンビニの駐車場に、回転灯をつけたパトカーが駐車している状況を想像してみてください。お客さんの心理からすると、入店をためらってしまうのもよく分かると思います。




印刷する

Related Post

コメントを残す

Loading…