Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

売れすぎる「じゃがりこ」がコンビニの悩みの種になっている理由 – まぐまぐニュース!

コンビニ業界の知られざる裏側を、内情に詳しいライターの日比谷新太さんが詳細にレポートする当シリーズ。前回の「ホット飲料のトレンド」に関する話題に続き、今回取り上げるのは「箱型スナック菓子」について。「じゃがりこ」や「チップスター」など、ド定番な商品が多い印象のある箱型スナック菓子ですが、コンビニ側としては定番商品が強すぎる状況というのも逆に困りモノなんだそうで……。

箱型スナック菓子は「じゃがりこ一強」の様相

オフィスの机上に置いて、あるいはクルマのカップフォルダに入れて、ちょっと口さみしい時に気軽に食べることができる「箱型スナック菓子」。各メーカーから様々な商品が販売されているなかで、このところ独り勝ちと言っていいほど売れているのが「じゃがりこ」(カルビー)だ。

以下は、あるコンビニチェーンにおける箱型スナック菓子の2014年度から4年間の販売トップ15を一覧にしたものである。

ph000000001

緑色の網掛けがされているのが「じゃがりこ」シリーズの商品。表を見ても「じゃがりこ」の強さは一目瞭然で、実際に過去4年間において、そのシェアは50%以上。さらにここ3年間でいえば、実に60%以上をキープしている。このカテゴリーの業績浮沈は、まさに「じゃがりこ」にかかっているといっても過言ではない。

また、表のなかで赤字で記されているものは、この4年間でトップ15にランクインを続けている商品で、15アイテム中8アイテムが売れ筋上位に残り続けている。赤文字以外の商品に関しても、多くが「じゃがりこ」の新フレーバーで、このことからも箱型スナック菓子というジャンルは、新規商品が売れ筋上位にランクインすることが少ないカテゴリーであることが分かる。




印刷する

Related Post

コメントを残す

Loading…