Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

不正に手を染めるコンビニ加盟店オーナー、その騙しのトリック – まぐまぐニュース!

私たちの身近にあるコンビニの知られざる裏話を、業界の内情に詳しいライターの日比谷新太さんが紹介していく当シリーズ。前回の「コンビニの駐車場での交通事故」に続いて、今回取り上げるのは「実際に起こった加盟店オーナーの不正行為」について。棚卸が行われる日にちの時間差を利用した不正の手口と、それが発覚するまでの顛末をリアルにレポートしています。

棚卸を誤魔化す加盟店オーナー

夢を抱いて始めたコンビニ経営、でも本部からのノルマや搾取が厳しくて実は悲惨……そんな話をよく耳にすることもあって、皆さんのなかにも「コンビニ本部が加盟店をいじめている」「騙している」といったイメージを持たれている方は、結構多いのではないでしょうか。

ただ、コンビニ業界について長らく取材を続けていると、なかには「加盟店が本部を騙す」といったケースも、結構耳にします。今回ご紹介するのは、とある加盟店オーナーが自らの利益を守るために行った不正の実態と、それが発覚するまでのいきさつです。

一般的にコンビニ店舗は、4半期毎に棚卸を実施します。3ヵ月毎の実在庫と帳簿在庫を照合し、帳簿在庫よりも実在庫が少ないと足りない分を「棚卸差額」として経費計上し、帳簿在庫を適正化する作業を行います。

実在庫については委託された棚卸作業専門の会社が、店舗の売場やバックヤードにある在庫をカウントし、最終的な店舗の実在庫を確定させます。これを「実地棚卸」と呼びます。

棚卸作業終了後は本部の担当者が訪店し、棚卸結果をチェックします。実在庫と帳簿在庫の差額がマイナスだと、その分は加盟店側の経費負担となってしまうので、加盟店オーナーは棚卸のカウント漏れが無いようにします。

さて今回取り上げる加盟店オーナーは、複数の店舗を経営していました。仮にそれらの店舗をA店・B店とするとして、もしA店で棚卸を行う前日に、B店からたばこのカートンをそーっと移動したら、どうなるでしょうか? ……そうです。A店の実在庫が増えて、経費負担が減少しますよね。

この加盟店オーナー、B店で棚卸が行われる際には、逆にA店からたばこのカートンを移動させていました。これを毎回の棚卸シーズンごとに繰り返していたのです。

しかし、そんな不正行為もついに発覚する日が来ます。




印刷する

Related Post

コメントを残す

Loading…