Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

万引き常習犯が来店した時、コンビニ店員が密かに取る行動 – まぐまぐニュース!

私たちの身近にあるコンビニの知られざる裏話を、業界の内情に詳しいライターの日比谷新太さんが紹介する当シリーズ。前回の「ミントタブレットのシェア争い」に続き、今回取り上げるのはコンビニの闇の部分でもある、「店 vs 万引き犯」の壮絶なる戦い。実は、コンビニ内には想像以上の台数のカメラが設置されているって、ご存知でしたか?

棚卸ロスの大半を占める「万引き」

コンビニにおける商品ロスには、お弁当やおにぎりなどの廃棄ロスと、万引き被害などによる棚卸ロスが大きくあります。コンビニは大半の店舗がフランチャイズ店ですが、その場合のロスは一部の本部負担もあるものの、ほとんど加盟店側が負担します。

棚卸ロスの金額は店舗によって様々です。各店舗では3ヶ月に一度商品棚卸作業を実施し、3か月間に商品がどれだけ店舗から無くなったのかを判定します。なお、帳簿上(理論在庫と呼びます)の在庫金額とのズレは、0.003%以下となるように目指しています。

棚卸ロスの原因には、正しく商品納品処理を行わなかったり、本来廃棄登録をすべき処理を怠ったり、商品を無くしたりなどもありますが、やはり大部分を占めるのが万引き被害によるもの。ちなみに万引きされやすい商品としては、「雑誌」「携帯電話用電池」「たばこ」「お酒」などが挙げられますが、なかには「弁当」「おにぎり」なども万引きされてしまうことがあります。

そんな棚卸ロスの大半を占める万引きの根絶を目指すべく、コンビニ側は様々な対策を行っています。

①防犯カメラの設置台数を増やす
②レジからの死角に防犯ミラーを設置する
③来店したお客さんと目を合わせて「いらっしゃいませ」と声掛けする

なかでも、万引きの抑止に欠かせないものといえば、防犯カメラではないでしょうか。




印刷する

Related Post

コメントを残す

Loading…