Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

ローソンと提携予定のスリーエフってどんなコンビニ?お店に行ったり広報に話を聞いてみた – エキサイト: ニュース

ローソンとスリーエフの提携が8月31日に発表された。高知のスリーエフがローソンに鞍替えしたという例はあるが、今回はローソンがスリーエフの株を約5%ほど取得し、共同での商品開発や仕入れを行う意向だという。

スリーエフは1979年に神奈川県横浜市で誕生し、現在は南関東を中心に558店舗(2015年9月1日現在)を構えるコンビニエンスチェーン。三大チェーンに比べると数は少ないが、このエリアでは一定の知名度があり、Tポイントの使用も可能だ。

「そういえば学生時代、校舎近くのスリーエフに行っていたけど最近は全然行ってないな……」と思い、あらためて会社近くのスリーエフに行ってみた。

都内のスリーエフにGO!

都内某所のスリーエフはこんな感じ。ビルの1階にある店舗で、外観は他のコンビニと比べても大きな違いはない。

訪れた店舗はややごみごみした印象を受けたが、品ぞろえは他のコンビニと同様に充実している。自社のプライベートブランドも扱っていた。

訪れた時間がお昼過ぎといったこともあり、お弁当やお惣菜はやや少なめ。オフィス街の店舗だったので、午前中に行くと商品がたくさん置いてあるのかもしれない。

コンビニではすっかり定着したセルフ式のコーヒーも扱っている。大手3社はブレンドコーヒーを提供しているが、スリーエフはシングルオリジンでホット2種類、アイス1種類を扱っている。ドーナツは置かれていなかった。

今回はアイスの「エチオピア シダモ」を飲んでみたが、他のコンビニに比べるとわずかに酸味が強く、やや深めに炒られたコーヒーの味は100円とは思えないほどだった。




Related Post

コメントを残す

Loading…