Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

ローソンで購入した乾電池「ビッグキャパ アルファ」を検証 – livedoor

コンビニで売っているアルカリ乾電池は“買い”?

百均で買ったほうが安いのはわかってるけど、お店に行くのは面倒だし、割高でも近場のコンビニで済ませたいときってありますよね。そんなわけで、大手コンビニで買えるアルカリ乾電池をガチ検証してみました。

今回はローソンで販売している4本308円(税込)の単3形アルカリ乾電池『BIG CAPA α(ビッグキャパ アルファ)』。長寿命・大容量を謳った電池で、一緒に並んでいる有名メーカー品と比べるとかなり安い

果たして性能は?

検証|ハンダマスターかしま

ローソンで購入|ビッグキャパ アルファ(単3形アルカリ乾電池)|308円(4本)

皮むきチェック

電池の被覆を剥がして、マイナス側のかしめ加工と、ガス抜き穴の形状をチェック。 加工形状が同じであれば、製造会社が同系列であることがわかる。

放電試験

終止電圧0.9Vになるまでの放電グラフ(2回のテスト中、好結果の数値を採用)。試験環境は以下のとおり。

本検証における放電試験の装置。放電完了とみなす終止電圧(電池の寿命となる電圧)はアルカリ乾電池などの一次電池の場合は0.9V。2.2Ωのセメント抵抗を電池につなげ、両端の電圧をデーターロガーで計測。終止電圧が0.9Vになるまでの時間を計測した。

検証結果まとめ購入店 ローソンブランド -製造 / 販売 アイリスオーヤマ製造国 中国価格 308円 / 4本コスパ1本あたり 77.0円1Ahあたり 51.4円実測容量 1,499mAh60分後電圧 1.11V
※高電圧を維持できているかをテスト0.9V終始時間 185分39秒
※持続時間をテスト製造年月 2017年4月(期限10年)

総合評価 ★★★★☆

結論からいえば、“容量コスパがよく、普通に使えるアルカリ乾電池” だろう。

大手コンビニではローソンでのみ販売していると思われる単3形アルカリ乾電池『BIG CAPA α(ビッグキャパ アルファ)』。アイリスオーヤマによる製品だ(ローソン向けにブルーのデザイン?)。製造国は中国、メーカーもおそらく中国だろう。

実測容量は1,499mAhでわりと良好。よって1Ahあたりの単価は51.4円と、かなり容量コスパのよい電池だ。60分後電圧は1.11V。日本製電池と比べると低い結果となったが、持続時間は185分38秒で比較的長持ちの部類といえる。

皮むき検証では、マイナス側ガス抜き穴とかしめ加工の形状が、以前検証したダイソー製アルカリ乾電池『DAISO&S』に似ている。放電時間は『DAISO&S』に及ばずも(202分52秒 / 1,633mAh)、関係系列で製造されたものと推測される。

コスパ重視ならおすすめできるアルカリ乾電池だ。ただし、国産という点にもこだわるなら、ほぼ同価格でFDK製のセブンプレミアム製品が有力な選択肢になるだろう。

なお、本検証では液漏れなどの耐久性能はテストしていない。液漏れリスクは保管状態・環境によって変わるが、日本製のほうが安心という意見もある。液漏れ対策としては、未使用品なら適温(10〜25℃)で換気のよい場所に保管(高温多湿は避ける)、使用品なら長期間使用しない機器からは取り外して過放電を防ぐなどの注意が必要だ。

※本企画の検証結果はすべての商品で同様の結果を保証するものではありません。個体差等により結果が異なる可能性を踏まえたうえで、購入する際の一材料として参考にしていただければと思います。また分解等の検証は専門知識を持つ者が行なっております。真似しないようご注意ください。




Related Post

コメントを残す

Loading…