Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

ローソン、純利益5%増 3~8月 店舗の閉鎖損失が減る – 日本経済新聞

 ローソンが11日発表した2017年3~8月期連結決算は、最終的なもうけを示す連結純利益が前年同期比5%増の236億円だった。昨年4月に起きた熊本地震の災害損失がなくなり営業外損益が改善した。上期に閉店した店舗も前年の約7割にとどまり、特別損失も減った。

 売上高にあたる営業総収入は8%増の3294億円だった。営業利益は2%減の389億円。店員の賃金上昇に直面する加盟店への支援や、開業を準備している銀行業関連の費用が膨らんだが、焼き鳥やサラダ、洋菓子など利益率の高い商品が下支えした。店舗の1日あたりの売上高(平均日販)は54万9千円と2千円増えた。

 18年2月期通期の営業総収入は6%増の6720億円、純利益は8%減の335億円を見込む。弁当類の販売がふるわず、収入は期初予想から30億円下振れする。投資費用が来期以降に一部ずれる見通しで利益水準は据え置いた。




Related Post

コメントを残す

Loading…