Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

ローカルコンビニ飯で今、食べるべき逸品とは?【ポプラ・スリーエフ編】 – エキサイトニュース

オレたちの生活に欠かせないコンビニ。この業界では今、再編が急加速で進んでいる!

昨年、東海地方などを中心に展開していたココストアがファミリーマートと合併。先月、北関東を中心に展開するセーブオンは来年末をめどに全店ローソンに転換することが発表された。

「そんな今だからこそ…。ローカルコンビニを応援したいです!」

と声を大にするのはコンビニ記者の吉岡秀子氏。ついつい近くにあるコンビニに足を運びがちで、あまり知られていないローカルコンビニ。その魅力について語ってもらった!!

■手厚いホスピタリティ・ポプラ

「ローカルコンビニの魅力は小規模だからこそできる手厚いホスピタリティ。例えば、中国地方を中心に展開するポプラが30年以上続けているポプ弁のサービスは素晴らしい!! どんなに混雑している時間帯でも、お店で炊きたてのご飯をよそってくれます。大盛りにしても値段は変わらず、ものスゴイボリューム。何店かのコンビニが林立している地域でポプラに入っていくのは、たいていガタイのいい男性ですね」

その声に賛同するのは、B級グルメなどに詳しいライターの中川哲司(なかがわ・てつじ)氏。

「ポプラはまさに“男のコンビニ”。東京・市谷(いちがや)にある防衛省の正門前にあるコンビニはポプラです(笑)。イチオシは超大盛りのミートソースパスタ。1000kcal近いボリュームで、手に取るとその重さにビックリ! 味はもちろんですが、価格がワンコイン以下なのもうれしい。




Related Post

コメントを残す

Loading…