Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

ホットシェフにガラナ…ご当地コンビニ「セイコーマート」の魅力を語り合う道民たち – Jタウンネット

「セイコーマート」というコンビニエンスストアをご存知だろうか。北海道のコンビニといえばセイコーマート、というくらいのシェアなのだが、全国展開はしていないため、知名度は低めである。しかし、北海道民にとっては親近感のある特別な存在だ。そんな地域に根差したローカルコンビニ「セイコーマート」について語るスポットがコミュニティアプリ「アンサー」に立ち上がった。

「セコマ」「セイコマ」と略されるこのコンビニは「ガラナ」という炭酸飲料や「ホットシェフ」という美味しいプライベートブランドがあり、他のコンビニにはない魅力が売りのようだ。なぜ茨城と埼玉にあるのかは永遠の謎であるが……。

「セイコーマートって北海道にしかないのかな」

北海道ではセブン‐イレブンをも凌駕する店舗数を誇るコンビニエンスストア「セイコーマート」。北海道のみかと思いきや茨城県と埼玉県には小規模ながら進出しているようだ。この事実に道民は「セイコマめ、北海道だけよ!って言ったのに」とちょっと複雑なんだとか。

ホームページの情報によると「北海道は5000人に一軒のセコマがある計算www」らしく「セイコーマートの数多いからセイコーマート行ってしまうw」「うちの近所も、徒歩10分以内にセコマ3件、サンクスとセブン1件」などのコメントからその人気の高さがうかがえる。

セイコーマートだけの限定商品!ガラナってわかる?

ほぼ北海道にしかないというコンビニのガラパゴス諸島はその品ぞろえも独自の進化を遂げている。普通、炭酸飲料の代表格をあげろといわれると「コーラ」と答える方が多いと思うが、北海道では「ガラナ」という方が多いらしい。ガラナとはブラジルの希少な木の実のエキスを使用した身体によい成分も含まれた飲み物だ。

また、「ホットシェフ」というプライベートブランドも存在し、「セイコマのホットシェフ美味しい。」と評判であり、「セイコーマートは他のコンビニと比べたら安いしね」と低価格なのも人気の秘訣のようだ。「ホットシェフベーカリー」という店内で焼き上げたパンも好評を得ているらしい。

筆者も茨城県内のセイコーマートを利用したことがあるのだが、他のコンビニにはないおしゃれではないけれどアットホームな雰囲気にひかれた思い出がある。冬の寒さが厳しい北海道ではそんな人の温かさもあって人気があるのかもしれない。関東2県では縮小傾向らしいが心が冷え切った若者は全国にも数多いはず。頑張って全国規模になってほしいものである。(ライター:ファエマ)




Related Post

コメントを残す

Loading…