Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

ファミリーマートとLINEが業務提携 商品発注にAI活用へ – NHK

人手不足が深刻化する中、コンビニ大手のファミリーマートは、通信アプリ大手のLINEなどと、商品の発注にAI=人工知能を活用するなど、従業員の負担を軽減する店舗の開発に向けて業務提携を結ぶことで基本合意しました。

発表によりますと、ファミリーマートとLINE、それに大手商社の伊藤忠商事は、最先端の技術を使って少ない人数で効率的に運営できるコンビニ店舗の開発に向けて、業務提携を結ぶことで基本合意しました。

具体的には、LINEが開発しているAI=人工知能の技術で商品の売れ行きデータなどから需要を予測して、的確な発注ができるシステムの導入など、人手不足が深刻化する中、従業員の負担を軽減する店舗の開発を検討するとしています。

また、スマートフォン向けの決済サービスを導入するなど、国内で6800万人とされるLINEの利用者の取り込みも目指します。

3社は今後、具体的な提携内容を検討し、来年中にはモデル店舗をオープンさせたいとしています。

コンビニ業界では、ローソンが大手電機メーカーと連携して商品の会計から袋詰めまでを自動で行うレジの開発を進めるなど、店舗運営の効率化を目指して最新技術の導入を検討する動きが広がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です