Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

ファミマ上田社長自ら語る突然退任と経営統合の真相 – ダイヤモンド・オンライン

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス社長)特別インタビュー

2月3日に突然の退任を発表したユニー・ファミリーマートホールディングスの上田準二社長。15年にわたってトップを務めたファミマの“中興の祖”を直撃し、真相を聞いた。 (「週刊ダイヤモンド」編集部 大矢博之)

うえだ・じゅんじ/1946年12月生まれ。秋田県出身。70年伊藤忠商事入社。2000年旧ファミリーマート顧問、02年社長、13年会長に就任。16年9月より現職。17年2月末に退任し相談役に。 Photo by Yoshihisa Wada

──突然の退任発表でした。

 皆さんには突然かもしれませんが、私にとっては以前から決めていたことです。65歳で社長を交代し、1~2年ほど後見役をやってリタイアする。これが“私流”のスケジュールだったんです。

 ですが、その後すぐに旧ユニーグループ・ホールディングスとの経営統合話が浮上しました。これは私がやるべき話で、協議を続け、2015年10月に統合の基本合意にこぎ着けました。このとき、社内にも伊藤忠商事にもユニーにも、「これで私のファミマ人生は完了だ」とはっきり伝えていたんです。

 だけど、「新しいプラットホームをつくって走りだしたのだから、見極めがつくまでは責任があるでしょう」と慰留され、それではもうちょっととなった。私にとってこの3年間は、一年一年が延長戦のようなものでした。

──今回は慰留されなかったのですか。

 「もう少しやってほしい」という声はありましたが、どんなことを言われても辞める気持ちでした。「70歳になったのでもう区切りをつけさせてくれ」と。

 ファミマとサークルKサンクス(CKS)のブランド一本化が猛烈なスピードで進み、総合スーパー(GMS)のユニーも統合前のリストラで、17年度の黒字転換は間違いありません。事業計画はほぼ完成し、後に続く人が実行してくれると確信しています。

 本当は13年の社長交代と同様、誕生日の12月27日に記者会見をしたかったのですが、関係者が多く、年を越してしまったのです。

──発表時の「一身上の都合」という言葉が波紋を広げています。

コメントを残す