Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

ニッスイ系 伊勢崎の工業団地へ コンビニ向け弁当製造 – 上毛新聞ニュース

ニッスイ系 伊勢崎の工業団地へ コンビニ向け弁当製造

[2017/12/01]

 コンビニエンスストア向けに弁当や総菜を製造する、日本水産(東京都)子会社の日本クッカリー(同)が、群馬県伊勢崎市の伊勢崎宮郷工業団地に進出することが30日、分かった。県から工場用地約3.3ヘクタールを取得した。神奈川県や千葉県など県外に生産拠点を持ち、ローソン向けの製品などを製造している。地域雇用の拡大に期待がかかる。

 不動産登記によると、進出先は東上之宮町の同団地第2期分譲区画で、7億4000万円で取得した。3年以内の操業が、土地売買契約時の条件となっている。国道354号(東毛広域幹線道路)の北に位置し、北関東道駒形インターチェンジ(IC)や関越道高崎玉村スマートICに近い。

 県内では、コンビニチェーンのセーブオン(前橋市)が、ローソンとフランチャイズ契約を結び、2018年末までの全店ローソン転換を進めている。

 宮郷工業団地は、県企業局が15年1月に予約分譲を開始した第1期造成分26.6ヘクタールが完売。その後も進出企業や引き合いが相次いでおり、第2期20.4ヘクタールも本年度中の完売が見込まれている。

 クッカリーは上毛新聞の取材に「現時点では何もコメントできない」としている。




Related Post

コメントを残す

Loading…