Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

セブン-イレブンの「最強おにぎり」ランク付け 1位は「紅鮭はらみ … – livedoor

忙しいときもサッと片手で食べられるおにぎりをガチ試食してみたところ、おなじみのセブン-イレブンに、想像以上の実力派が隠れていました。最寄りのコンビニがほかにあっても、思わずセブンに足を伸ばしたくなる逸品、ご紹介します!

コンビニおにぎりの決め手は
米質よりも具とのバランス!

今回は、数あるコンビニおにぎりの中から、のりを自分で手巻きするタイプと、のりが直巻きされたタイプ、のりなしの味付きごはんの3タイプをセレクト。調理学校での勤務経験を持つ和食のプロ・渡貫淳子さんと、さまざまなお米のブランド化を手掛ける五ツ星お米マイスターの西島豊造さんのお二人に召し上がっていただき、米の質からのりのクオリティ、具材の味付けなどを5段階評価でチェックしていただきました。

[評価項目]
ごはんのクオリティ
具材のクオリティ
全体のバランス
食感

それでは、ランキングを発表いたします!

[1位]お母さんが握ったような
ふっくら&超厚切り身がスゴイ

トータル的な完成度と、切り身の鮭のインパクトが絶大。文句無しのトップ評価を得たのは、「金のおむすび」シリーズの「紅鮭はらみ」でした!

セブン-イレブン
金のおむすび 紅鮭はらみ 炭火炙り焼き
実勢価格:210円

おにぎり専門店のような自然な味わいに「『金のおむすび』というブランドのコンセプトがしっかり確立されていますね」と渡貫さんも納得!

ふっくら握られたごはんの中に、4cmほどのぶ厚い焼き鮭がごろんとそのまま入ったおむすび。フレーク状にほぐされたおにぎりが多いなか、このボリューム感は抜群でした。

具やのりの自然でほどよい香りまでもしっかり味わえる。お母さんが握ったおむすびそのものの、ごまかしのないおいしさです。

塩気が適度で食べ飽きず、毎日の食卓に取り入れても違和感のない味わいに仕上がっています。

[2位]ピリッとした黒胡椒が
食欲をそそる牛炒飯

セブン-イレブン
黒胡椒香る!牛焼飯
実勢価格:130円

黒胡椒のピリッとした辛味と香りがアクセントに。全体的にガツンと濃いめの味ですが、ただ味でごまかしているのではなく、粘りすぎず適度なパラパラ感に仕上げられたごはんとのバランスが◎。

ビーフジャーキーを思わせるビーフの香りはビールのおつまみにも向きます。

[3位]米の甘みと
程よい塩気が素晴らしい!

セブン-イレブン
塩むすび
実勢価格:110円

米の甘みと程よい塩味のバランスがよく、完成度の高い塩むすびです。

他社の塩むすびは全体に均一に塩味がつけられていますが、こちらは表面だけに塩をまぶして手むすび感をリアルに演出しています。

[4位]しっかりめの握りと
ほぐし鮭が好バランス

セブン-イレブン
熟成仕立て 紅しゃけ
実勢価格:140円

しっかりめに握られたごはんの米粒感とほぐした鮭の食べ応えのバランスに優れた一品。

香りよいのりのキレの良さも好印象。 不満を感じさせない王道のおにぎりです。

[5位]もち米の特徴を
うまくやわらげおいしさアップ

セブン-イレブン
せいろ蒸し 五目おこわ
実勢価格:130円

もち米特有のしつこさや重さが、五目の味によってバランスよく仕上がっています。

鶏肉の甘さを抑え、ボリューム感をアップすればさらに評価は高まったはず。温めて食べたほうが断然おいしいので、購入時はぜひレンチンを。

[6位]味のメリハリは
通常のツナマヨ超え!

セブン-イレブン
具たっぷり! 和風ツナマヨネーズ
実勢価格:115円

しょうゆごはんなので、具の少ないひと口めも寂しさを感じさせません。

やや濃いめですがメリハリの利いた味付けで、オイリーではないマヨのコクも感じられる。いつものツナマヨよりこっちのほうが好き! という人も多いはず。

[7位]ほどよい燻製香が
ソーセージの食べ応えをアップ

セブン-イレブン
燻製仕立てソーセージ
実勢価格:140円

ソーセージのペッパー感と程よいバランスのマヨがマッチ。適度な燻製感はごはんと合わせても違和感がなく、食欲をそそります。

白米を味わうというよりもソーセージの食べ応えを楽しむべき一品。

[8位]油っぽさのない
安心して食べられる味

セブン-イレブン
具たっぷり! ツナマヨネーズ
実勢価格:210円

ツナの存在感がほどよく、マヨネーズの油っぽさもない。のりのパリッと感とご飯のバランスも適切です。

飛び抜けた印象はありませんが、安心して食べられる定番のツナマヨです!

[9位]あと一息!の
ポテンシャルを感じる

セブン-イレブン
熟成仕立て紀州南高梅
実勢価格:210円

梅まるごとではなく、梅を叩いてペースト状にし加えたタイプです。

叩き梅の量が少なく、米粒に染み込んでしまっていて良さが出ていなかったのが惜しまれます。もっと梅の量が多く存在感があればバランスがよくなるはずです!

[10位]明太子感の薄さが
唯一の弱点

セブン-イレブン
金のおむすび 炙り明太子
実勢価格:210円

ふっくらした食感やごろっと具材という「金のおむすび」のコンセプトはここでも健在ですが、辛さやたらこらしい香りがもう一歩。バランスはよくおにぎりとしてはおいしいのですが、明太子感は弱いのが悔やまれます。

1位の金のおむすびと同じ価格帯であることを考えると、もうひと声ほしいところ

こうして見てみると、上位にランクインしたおにぎりの決め手は、米そのもののレベルの高さというよりも、具材とごはんのバランスにあることがわかります。その平均値の高さは、各社の製品を長年食べ続けている西島さんも「セブンの安定感は圧倒的」とお墨付き。

近くにセブンがある人はもちろん、ちょっと遠回りをしてでも買う価値のある逸品が揃っているので、ぜひ試してみてください!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。




Related Post

コメントを残す

Loading…