Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

セブン-イレブンで餅まきを行う写真がSNSで話題!広報担当者に話を聞いてみた – livedoor

オープンしたばかりの『セブン-イレブン』がにぎわう様子が楽しそうだと、Twitterで話題になっています。

なんか、めっちゃ楽しそう…!

この写真を投稿しているのは、イトウサキ(@ssssaki1009)さん。

これは、オープンしたばかりのコンビニエンスストア『セブン-イレブン』の様子だそうです。

Twitter/@ssssaki1009

Twitter/@ssssaki1009

近所に新しく開店した『セブン-イレブン』が、なんだかすごく、にぎわっています。

コンビニの店員さんたちが、お店の屋根にのぼって、なにかをまいているようです。

それをキャッチしようと、たくさんのお客さんが集まっています。

Twitter/@ssssaki1009

Twitter/@ssssaki1009

写真をじっくり見ると、どうやら開店記念として「餅まき」をしている模様。

「餅まき」は、新築で棟が上がったことに感謝し、建物の完成を祈願する祭しのこと。

また「家内安全」や「商売繁盛」などを祈願し、災いをはらうための儀式なんだとか。

Flickr/userinjapan

Flickr/userinjapan

なお、イトウさんによると東京の町田市にある『セブン-イレブン 桜美林学園北店』で行われていたそうです。

新オープンの際に、コンビニで「餅まき」をする店舗があったとは…。

『セブン-イレブン』では、新オープンの際、よく「餅まき」が行われているのでしょうか?

各店舗の判断で…

さっそく、『セブン-イレブン』の広報担当者の方に、「餅まき」についてお話を伺ってみました!

「基本的に本部としては、オープンに際してのイベントは、各店舗の判断で行っています」。

「きちんと、紅白のお餅を用意したと聞いています」。

「桜美林学園北店以外でも、オープンイベントとして、餅まきをした店舗がいくつかあるようです」と話していました。

「懐かしい…」との声も

ネット上には、「餅まき」をしてにぎわう『セブン-イレブン』の様子について、さまざまな反響を呼んでいます。

新オープンする店舗で「餅まき」が行われていたら、ちょっと参加してみたくなっちゃいますね!

※この記事のツイートと画像はイトウサキ(@ssssaki1009)さんの許可を得て掲載しています。

コメントを残す