Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

セブンイレブンに対抗!アメリカで“シックストゥエルブ”をオープンした男 – ニコニコニュース

セブンイレブンに対抗!“シックストゥエルブ”をオープンした男 ※海外メディア「Huffington Post」のスクリーンショット
クランクイン!

 アメリカ、ボストンでセブンイレブンのフランチャイズ店を運営していた男性が、同コンビニエンスストアに対抗して「シックストゥエルブ」をオープンした。セブンイレブンに対する怒りを抱えるその男性の名前はアブ・マサ。「私の目標は彼らを閉店させることだ」とマサは海外メディアのボストン・グローブに語った。

【関連】フランスの若き農夫たちの“セクシーすぎる”カレンダー<フォトギャラリー>

 マサがオープンしたシックストゥエルブで販売しているのはセブンイレブンと同様のものも多いが、ホットドッグやピザなどのホットフードは販売していない。なぜならば、そのホットフードこそ、マサがセブンイレブンと決別した理由なのだ。

 マサ曰く、セブンイレブン本社は彼がフランチャイズを運営していた際、ホットフードの売り上げが良くなかったにもかかわらず、その販売を要求。マサは海外メディアGlobeに対し、売れずに廃棄したホットフードは数百ドルにも相当すると話す。そして、本社の命令に従う以外の選択肢は与えられなかったという。

 「いつでも、どんなことでも、本社はやりたいことを店舗に持ち込んで、私たちには選択肢がないんだ。言われた通りにやる以外は」と彼はCBS Bostonに対して語る。「そして契約書にサインをしただろうと言うんだ」。

 こうしたホットフードの論争は、マサのフランチャイズの権利に関する法的な争いに発展したものの、最終的に裁判沙汰にせず解決する道が選ばれた。しかし代わりに、マサは対抗して自身のコンビニエンスストア、シックストゥエルブをオープン。ロケーションは、以前彼が運営していたセブンイレブンの向かいだ。同セブンイレブン店舗は、現在新たな経営者がいるそうだ。

 マサがセブンイレブンを経営していた頃の客は、新しいコンビニを立ち上げた彼を応援しているという。

 マサのセブンイレブンを廃業させるための計画はシンプルだ。「セブンイレブンの全商品の価格を知っているので、私の店では同じ商品を安く売るんです」とマサ。でも、全てセブンイレブンと同じ商品を売るわけではない。「ホットフードは売りません。絶対に」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です