Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

セブンイレブンが他のコンビニと合併や提携をしない理由 – エキサイトニュース

tarousite / PIXTA(ピクスタ)

栃木県那須高原周辺。この地域の幹線道路沿いには『SAVE ON(セーブオン)』というコンビニエンスストアが多く存在している。この北関東を基盤とするセーブオンの約500店舗が、来年2018年の年末までに全てローソンに転換すると発表された。

コンビニ各社の店舗数日本一の座を巡る合併と出店の争いは、激しさを増している。なかでもローソンとファミリーマートの争いは熾烈を極めている。

ファミリーマートは『サークルKサンクス』と『ココストア』、ローソンは『スリーエフ』と『ポプラ』に『サニーマート』と資本提携や業務提携などをしている。看板を統一するファミリーマートに対し、ローソンは『ローソンスリーエフ』『ローソンポプラ』など、ダブルブランドで展開しているのが特徴だ。

その一方で合併と提携のうわさが全くないのが、コンビニ業界最大手のセブンイレブンだ。

セブンイレブンは他のコンビニよりも物流コストを重視している。たとえ出店ペースが他社より遅れることがあっても、計画的な出店を元に物流コストを確立していくので、買収や統合をしない。

「ファミリーマートはサークルKサンクスと合併したことで、東京都の店舗数1位を達成しました。しかし、そのトップの座を明け渡したセブンイレブンは意に介していません。なぜなら混戦極まる東京で、2015年8月からの1年間で103店舗を増やしているからです。




Related Post

コメントを残す

Loading…