Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

サークルK・サンクス、ファミマに転換済み店舗が2000店に – ITmedia … – ITmedia



 ファミリーマートは7月13日、2016年9月に開始した「サークルK」「サンクス」から「ファミリーマート」へのブランド転換が当初の計画よりも早いペースで進んでいると発表した。

photo
ブランド転換が順調に進んでいる

 17年7月12日現在、ブランド転換を終えた店舗の累計は2000店。計画よりも約1カ月早いペースという。

 ブランド転換は、サークルK・サンクスの全店平均日商がファミリーマートを下回っていることなどを背景に、同社のさらなる売り上げ向上を目的に開始した。既に、商品の統合を17年2月に、物流拠点の統合を6月に完了するなど、物流コストの削減や配送の効率化も進んでいる。

photo
ファミリーマートによる発表

 ファミリーマートは、17年度中に新たに2600店のブランド転換を実施し、18年8月までに全ての店舗の転換を完了する方針。同社は「ブランドを早期に一本化することで、全国約1万8000店のスケールメリットを生かし、これまで以上に高品質な商品・サービスを顧客に提供したい」としている。




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


新着記事

news041.jpg

創刊からの歩み:
news036.jpg

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
news008.jpg

常見陽平のサラリーマン研究所:
news128.jpg

計画を1カ月上回るペース:
news125.jpg

本体の着せ替えが当時話題に:

Related Post

コメントを残す

Loading…