Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

コンビニ麺「バカにできないウマさ」の秘密 – ニフティニュース

 ラーメン、うどん、そばに冷し中華。昼メシや夜食のお供は、種類も味も多種多様に進化。最新事情に迫る!

 カップラーメンやレンジ麺など、最近、コンビニエンスストアで売られる麺類が劇的においしくなっているのをご存じだろうか? 「コンビニは、ここ5年で店舗数が1万軒以上も増加。2014年には全体の売上高が10兆円を超えるなど、右肩上がりに成長中です。そうした売り上げを支える主力商品の1つが麺類。それだけに食品メーカーやコンビニ各社も、商品開発に力が入っているんです」(情報誌記者)

 群雄割拠の“コンビニ麺”戦国時代。読めば100倍美味しくなる秘密を総力調査!! まずは、“カップ麺”。

「カップ麺は2000年代に有名ラーメン店とのコラボ商品が人気になったことでスープが進化。続いて、その後『マルちゃん正麺』の登場で麺が進化し、お店のラーメンに引けを取らないほどのウマさになりました」(前同)

 その人気は年々過熱し、15年度のカップ麺の総生産量は38億食。同年の1月にほとんどの商品が値上げしたのに、前年より2億6000万食も増えたという。ただし、値上げはいただけないのが消費者心理。ここ数年は手頃な価格で販売されるプライベートブランド(PB)の商品が人気だ。しかも味も抜群!

「コンビニのPBといっても製造は日清食品などのトップメーカーが手がけています。しょうゆ、シーフードなどの定番に加え、担々麺、煮干し味などバリエーションも増えています」(同)

 シノギを削るカップ麺界。「最近は、“変わった味”が売りの“いろものカップ”が増えています」と指摘するのが、インスタントラーメン評論家の大山即席斎氏だ。

「“いろものカップ”の増加に大きく関わっているのがコンビニならではの販売システム。コンビニは売り上げがすぐ集計されるため、売れない商品はすぐ棚から消えてしまうんです。そのため各メーカーは、回転の早い中で、なるべくインパクトを与えるため、変わった味のカップ麺を作るようになったんです」(前同)

 また、大山氏は「テレビCMを流せない小規模メーカーほど、“いろものカップ”に力を入れている」と言う。

「今は変わったものを出せば、すぐネットで話題になりますからね。宣伝費がかからずに済むんですよ。たとえば、ペヤングでは、昨年11月発売の『わかめMAXやきそば』、今年3月発売の『背脂MAXやきそば』など“MAXシリーズ”がそうですね。小さいメーカーならではのゲリラ戦法なんですよ」(前同)

 “いろものカップ”の火付け役・ペヤングは、バレンタインに向けて発売された『チョコレートやきそばギリ』や、『ソースやきそばプラス納豆』など、買うのを躊躇するほどの味でも、世間の話題をさらった。

 ちなみに大山氏に最近、美味しかった“いろものカップ”を聞くと、シーフードスープに抹茶を合わせた『カップヌードル抹茶』とマルちゃんの『甘ーいきつねうどん』の名を挙げる。

 緑色の麺とスープが特徴の『カップヌードル抹茶』は、“抹茶”といっても甘さや苦みはなく、食べたときにほんのり風味が感じられる程度。クラムチャウダーにも似たクリーミーなシーフード味で、抹茶のおかげか後味サッパリ。

『甘ーいきつね〜』は“甘いタレ”を後入れで食べる仕様。「甘ーい」とはいえ、いつもの『赤いきつね』のだしが2割増しで甘くなった程度なので、心配ご無用。ズズズッとすすれば、ああウマい!

 最近はカップ麺自体のレベルが高く、「“いろもの”であってもハズレはほとんどなく、この2商品もバランスが取れていて高評価です」(同) ちなみにこれら“いろものカップ”は、期間限定の場合が多い。コンビニで見かけたら即買い必食です!

 一方、カップ麺ではヘルシー商品も密かなブームだ。「最近、CMが話題の『カップヌードルナイス』など、糖質オフ、脂質オフ、減塩などをアピールした商品が、健康を気遣う人の間で人気です。そんなに“オフ”にすると物足りなさそうですが、そこは進化が著しいカップ麺。しっかりとした味つけで、普通のカップ麺となんら変わりません」(前出の情報誌記者)

 メタボにも効くカップ麺。他方、より一層の“グルメ道”を追求しているが、電子レンジで温めるだけで食べられる“レンジ麺”だ。「スープの美味しさはかねてから定評がありましたが、最近は麺も改良。たとえばセブンイレブンでは、そばに石臼挽きのそば粉を使ったり、ラーメンの麺を三層構造にして伸びることを防いだり、クオリティが急激に上がっています」(前同)

 さらにレンジ麺は、味以外の、“手軽さ”の点でも、大いに進化しているという。「もともとは、ゲル状のスープの上に麺が乗っていて、温めることでスープが液体になるという仕組み。その際、麺がゲル状のスープに直接触れて味が染み込まないよう、麺とスープの間に透明なシートが敷かれ、食べるときに引き抜く手間が必要でした」(同)

 しかし、最近はこのシートをあまり見かけない。「透明なシートの代わりに加熱で溶ける、薄い無味無臭の寒天の膜を敷き、スープと麺が直接触れないようにして、シートを抜く手間が解消したんです」(同)

 さらに、容器も進化。「レンジで温める場合、問題になるのが温めムラ。電子レンジは電磁波で温めるので、どうしても容器の外側と中心部で、温まり具合に差ができてしまんです。それを解消すべく、ファミリーマートのレンジ麺は、容器底部を上げ底状態に改良。容器中心部のスープが少なくなり、全体を早く温められるんです」(同)

 また、セブンイレブンでは容器内部の側面を、部分的に出っ張らせ、加熱効率を良くしているという。温め時間が短縮され、温めムラも解消されるのだ。「温める時間が短ければ麺も伸びにくく、より美味しく食べられるため、各社、容器の開発にも力を入れています」(同)

 記者も今、そのセブンイレブンの酸辣湯麺を食べているが、実にアッツアツ。一心不乱にハフハフと“コンビニ麺”をカキこんでいるが、他方、“冷たい麺”も見逃せない。

「各社、ざるそばがスゴいんです」と言うのは、飲食店コンサルタント。先述したように、“レンジ麺”のそばでも、セブンイレブンは、本格的な石臼挽きのそば粉を使用しているが、「ツルツル感を向上するため、麺に微細粉末の昆布を練り込んでいます」(前同)

 ファミリーマートも同じく石臼挽きのそば粉を使用。「一方、ローソンがこだわるのはツユ。枕崎産の鰹荒本節を使い、化学調味料は不使用です」(同)

 3種のざるそばを食べてみると、どれも、そばの香り、のど越し、味わいが抜群。これで300円ちょっとなんて、そば屋は商売上がったり!? 専門誌記者が言う。

「コンビニの冷たい麺の中でも、ざるそばは圧倒的な人気商品。“セブンイレブン4月売り上げ”での今季の人気ランキングは、1位ざるそば、2位冷し中華、3位冷しとろろそば。4位冷しぶっかけうどん、5位ミニ冷やし中華です」

 ちなみにツユは、地区ごとに味が異なる。「セブンイレブンだと、首都圏では鰹節と雑節(鰹以外の材料で作られた節の総称)のミックス。東海地区では鰹節とムロアジの節をミックスして使っています」(同)

 さて、カチコチに凍らせた“冷凍麺”が今、驚くほどウマいという。「ラーメン、うどん、そばともに、急速冷凍の技術が進んだおかげで、麺の歯ごたえは抜群。電子レンジでも調理できるとあって、会社に“マイ丼”を持ち込んでランチに楽しんでいるサラリーマンも多いそうです。かつては具なしの商品がほとんどでしたが、最近は具つきが主流。見た目も味もゴージャスになっています」(東京ソバット団主宰の本橋隆司氏)

 この冷凍麺、鍋で茹でても良いのだが、“レンチン”のほうが美味しいという。「鍋で茹でると、解凍加熱をしている間、麺がお湯に浸かっているため、出来上がり時に麺外側と内部のコシに差ができてしまうんです。ベストな方法はラップをかけてレンジで温めてから、水かお湯で表面のぬめりを取ることです」(前同) 試す価値有り!

 最後に、美味しいコンビニ麺がもっと美味しくなる“掛け合わせメニュー”を紹介しよう。コンビニ掛け合わせグルメに詳しい、ミュージシャンのディスク百合おん氏が、おすすめレシピを教えてくれた。

「最近、美味しかったのが、冷し中華に豆乳です。これはタレを豆乳で半々に割ってかけるんですが、いいコクが出るんですよ。また、冷し中華なら、別売りのごまドレッシングを合わせると、一気に本格中華に。他にも豆腐を麺状にした、豆腐そうめんというのがあるんですが、これにフリーズドライのかきたまスープや、惣菜の豚汁などスープ類を合わせるのがいいですよ。今流行りの糖質オフダイエットをしている人にも、おすすめですね」

 栄養バランスも良く、格段にヘルシーにもなっているコンビニ麺。今日明日のお昼は、手軽なうえに、安くて美味しくて体にも良い、コンビニ麺はいかが!?




Related Post

コメントを残す

Loading…