Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

コンビニ顧客満足度、セイコーマートが1位のカラクリ (1/2ページ) – ZAKZAK


 もはやなくてはならない存在のコンビニエンスストア。「顧客満足度調査」(2016年度 サービス産業生産性協議会調べ)では、コンビニでの満足度1位は『セイコーマート』、2位は『セブン-イレブン』、3位が『ローソン』、4位が『ミニストップ』、5位が『サークルK/ファミリーマート』となっている。

 1位の北海道ローカルチェーン『セイコーマート』に首を傾げた人も多いかもしれないが、証券アナリストの本田康博さんは「調査方法が結果に影響している」と話す。

 「調査の対象となったのは、そのコンビニを1か月に2回以上使う人。『セイコー』の場合、北海道在住で近くに他の店がない人が多い。『セイコー』との比較対象がないから、満足度が高まりやすい」

 つまり、実質1位はセブン-イレブンということ。セブンは2016年の『好きなコンビニランキング』(スーモジャーナル)では約53%の支持を得てぶっちぎりの1位。流通ジャーナリストの渡辺広明さんが指摘する。

 「『セブン-イレブン』は商品力、品ぞろえ力、徹底力のすべてにおいてNo.1。バイトの接客も均一だし、新しいサービスを導入したら徹底的にやる。100円コーヒーもそうだし、エンタメとのコラボもローソン『ローチケ』の専売特許だったはずなのに、いつのまにかセブンも強くなっていった」

 とはいえ、道民のセイコーマート愛は海をも越える。

 「『ホットシェフ』というその場で作ってくれるお弁当も、100円の塩焼きそばもめちゃくちゃうまい。上京してびっくりしたのは『セイコーマート』がなかったこと。彼女と遠恋になったことに輪をかけて、ものすごく寂しい」(40才・北海道出身男性)





NEWSポストセブン

Related Post

コメントを残す

Loading…