Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

コンビニ界の激安王・セーブオン「長野撤退」決断に衝撃 – Jタウンネット

北関東が地盤の地方コンビニ「セーブオン」(群馬県前橋市)が、長野県内にある27店舗をローソンに引き継ぐことが決まった。2015年7月上旬以降、対象店は順次ローソンに衣替えする。

長野のコンビニ勢力図をみると、セブン-イレブンが432店舗と圧倒的な基盤を築いている。ローソンの出店舗数は148と県内2位だが、3位のサークルK(145店)、4位のファミリーマート(138同)との差はごくわずか。
サークルKサンクスを持つユニーとファミリーマートは経営統合に向けて動き出している。これが実現すれば3位に転落するのは確実だ。

全国に600店舗以上を展開しているセーブオンだが、長野では佐久や上小など群馬の近くに出店しているに過ぎない。電子マネーとATM対応店舗は数えるほどしかなく、利用客の一部から不満の声も挙がっていた。

主戦場の北関東と南東北に経営リソースを集中させたいセーブオンと、勢力を少しでも広げたいローソンとの思惑が一致し、今回の事業引き継ぎに至ったと見られる。

めちゃ安の食べ物は消えちゃうの?

ベイシアグループのセーブオンは商品が安く、値段だけみるとコンビニというよりドラッグストアに近いところがある。
ドーナツ販売ではセブン-イレブンよりも先行していて、オールドファッションや第3のビールを100円以下という破格値で売っていたりする。コストパフォーマンスではライバルの追随を許さない。

4月からは食材と製法にこだわった「だから、もっと おいしくなる」シリーズを開始した。

セーブオン公式サイトトップページ
セーブオン公式サイトトップページ

さらに4月29日に「ぐんまちゃん」の形のたい焼き風おやつを群馬限定で発売。ネットやテレビで話題を呼んでいる。
値段と質の両立を図りつつ、群馬アピールに余念がない。

そういえば今年1、2月、高知県内のスリーエフがローソンに衣替えするという事件が起きた。人気メニューの「爆弾おにぎり」がなくなるのではと高知中が騒然となったが、現在も継続して販売されている。

嬉しい承継は長野でも起こり得るだろうか。ローソンストア100の苦戦が伝えられる状況では厳しいように思えるが……。




More from my site

Related Post

コメントを残す

Loading…