Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

コンビニ和スイーツの達人 運命的出会いでトップブロガーに – BLOGOS

コンビニ和スイーツの達人、わがしん坊さんのブログ

【コンビニ和スイーツの達人、わがしん坊さんのブログ】

『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)や『マツコの知らない世界』(TBS系)などの情報番組の解説に、ブロガーの登場が増えている。コンビニスイーツや袋パンなど、好きが高じて専門家と化した彼らの愛ある話は人々を魅了し、ネットを飛び出し、テレビ、ラジオなど活躍の場を広げている。

 年間800個以上の和菓子を食べ続け、そのレポートをブログ『コンビニ和菓子&和スイーツの逸品!』に投稿し続ける、わがしん坊さんこと中原陽一さん(46才)。普段は派遣社員として働いている。

 180cmを超える長身と、スリムな体形からは想像できないが、ブログを始める前は今より20kgも太っていた。

「『マツコの知らない世界』でも、コンビニ和菓子を食べて20kg減量したと紹介されましたが、何もそれだけで痩せたわけではないんです。

 それまで、仕事のストレスなどで夜中に菓子パンを食べたり、かなりむちゃな生活をしていたのですが、ある時、医者から、“この生活を続けると生活習慣病で死に至るかもしれないよ”と最後通告を受け、食生活を正したことが大きかったと思います」(中原さん、以下「」内同)

 医師から渡された食事制限リストには、動物性たんぱく質や洋菓子など食べてはいけない食べ物が多くあったが、なぜか和菓子はOKだった。

「和菓子が食べられるなら、他は我慢できると、白米を玄米食に替え、夜は一年中お鍋に。和菓子は毎朝食べます。そのほうがおいしく感じられるんで」

 こうして1年で20kg体重が落ち、今ではすっかり健康体質に。毎日和菓子を食べることで、ストレスを解消していた中原さんは、これを何かに役立てられないかと考えている中、運命的な出会いがあった。

「あるスイーツの試食会で、アイスマン福留さんと話をする機会があったんです。アイスクリーム評論家という肩書に興味津々で、“ぼくもアイスマンさんのように甘いものの情報発信をやってみたい”と言ったら、“あれこれ言ってないで、ブログでも始めたら?”と助言してくれたんです。その言葉に触発されて、すぐにブログを開設しました」

 老舗や専門店の和菓子は値段も敷居も高いが、コンビニならどこでも買えて、値段も手ごろ。何より、老舗に負けない味に感動し、コンビニ和スイーツをテーマにブログを書き始めた。

【年間800個以上の和菓子を食べ、ブログに投稿しているわがしん坊さん】

「とはいえ、初めの頃は何を書いていいかわからず、最初の投稿は年始の挨拶(笑い)。書き進めて反響を見ていくうちに、何が受けるのか考えて書くようになりました」

 トップブロガーへの道のりは、以下の通りだ。

・2014年、ラジオ『中西哲生のクロノス』(エフエム東京)に登場。「2014年秋のオススメ東京スイーツ~和菓子編~ ベスト3」を紹介。以降、毎年1~2回出演することに。

・2015年、4000人以上の応募の中からわずか40人しか選ばれないAmeba公式トップブロガーに認定される。

・2016年9月、『マツコの知らない世界 秋の2時間スペシャル』(TBS系)でコンビニ和菓子ブロガーとして出演。

・2017年、年間800個以上、1日2個以上のコンビニ和スイーツを食べても現在に至るまでリバウンドなし。

「新製品は発売日に自宅近くやひと駅先の店舗を回って入手します。同じ商品を2つ買って、1つは断面を切って、中身を写真に撮ります。断面を見せるために切ったものも食べますが、食感が変わるので、もう1つは完全に試食用。

 ブログには味や食感だけでなく、価格や発売エリア、カロリー、原材料まで表記します。味や食感も“ふわふわ”や“もちもち”など、オノマトペを使って、イメージしやすいように工夫しています」

 ブログでは丁寧に記事を書くことが必要だが、テレビやラジオでは、それ以上に、幅広い知識が求められる。

「コンビニの和スイーツについて語れる人というのは、何を聞かれても答えられる知識がないといけません。だから、味はもちろん、商品の歴史や各コンビニの特徴も分析しています。常に研究の毎日です」

※女性セブン2017年7月20日号




Related Post

コメントを残す

Loading…