Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

コンビニ・セーブオン全店がローソンに転換へ 田舎っぽさがなくなる事を寂しがる声 – ニフティニュース

「セーブオン」ローソンに転換 「入りづらくなる」嘆く声

企業などとのコラボも多く、現在は「すき家」とコラボした「牛丼むすび(紅生姜入り)」を展開中 ※この画像はサイトのスクリーンショットです(セーブオン公式サイトより)

群馬県、新潟県を中心に展開するコンビニ「セーブオン」がローソン業務提携。2018年までにセーブオン全店がローソンに転換することが発表されている。コンビニの転換といえば、昨年9月、サークルKサンクスがファミリーマートと経営統合しており、ネット上ではコンビニの多様性が薄れていくことを嘆く声が少なくない。

セーブオンは298円のお弁当や60円のドーナツ、そして通称「39円アイス」(現在は48円)などといった激安商品を数多く展開。コンビニながら賞味期限が近いお弁当に半額シールを貼ってさばいたり、期間限定セールを開催したりすることで知られ、また店舗によっては群馬名物「焼きまんじゅう」を売るなどし、ファンからは根強い支持を得ている。

この業務提携について、2月20日に『産経ニュース』で記事が更新されるとネットでも話題に。Twitterでは、

「セーブオンはローソンになっちゃうんだねーサンクスもファミマになるようだし地元で育った人達にとっては寂しい限りですね」
「ちょっと田舎に行くと突如現れる『セーブオン』が嬉しかったのに。コンビニ淘汰時代は消費者側にとっては悲しい現象。」
「セーブオン気軽に入れるから大好きだったのに全部ローソンになっちゃうと都会感増してなんか入りづらいんですよね誰か分かって」

と“田舎っぽさ”がなくなることを寂しがる声や、

「個人的には、『セーブオンが消える』ことよりも『全店ローソンになっちゃう』のがもったいない。減る。チョイスが減る。そこらじゅうローソンばっかになったらちょっとつまんない」
「セブンイレブン ファミリマート
ローソンじゃない魅力があるのが
地方コンビニなんだよ
だから セーブオン セイコーマートが 魅力的なんだよ」

など、さまざまに嘆く声が見受けられる。ただその一方で、

「えっ、まじか
なら早くうちの近所のセーブオンふたつ潰してローソンにしてほしいー!
そしたらローソンコラボの時だいぶ楽になる〜〜」

と、ローソンが度々手がけるアニメや映画などとのコラボキャンペーンが近所で展開され、便利になりそうという声も。

地方展開だからこその魅力はあれど、全国展開だからこそできることもあるのも確か。Twitterには、ローソンになってもセーブオンの良いところはそのまま残してほしいという声は多いが、果たしてどうなるか。

(花賀 太)

※当記事は2017年02月26日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。

コメントを残す