Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

コンビニバイトの面接のコツ! 志望理由はどう答える? 面接担当の立場からわかりやすく解説 – ニコニコニュース

マイナビ学生の窓口

今やコンビニエンスストアは、私たちの日常生活になくてはならない存在です。普段の生活で必要なものは何でもそろっていますし、お金の出し入れや公共料金の支払い、税金の支払い、チケットの購入など、幅広く取り扱っています。

【性格診断テストまとめ】自分の隠された一面が丸わかり?!

そんな、私たちの生活に深く根ざしているコンビニ。バイトの求人が多いのもうなずけますね。今回はコンビニバイトの面接対策について、コンビニエンスストアで多数のバイトを採用してきた面接担当の立場からわかりやすく解説します。

■コンビニバイトの面接に臨む前のチェックポイント

コンビニの面接に挑む前にチェックしておきたいポイントをまとめておきましょう。


・シンプルで清潔感がある服装

コンビ二のバイトは食料品を扱っていて、簡単な調理の業務もあるので、高い衛生管理が求められる業種です。そのため、清潔感があるかどうかが面接の合否判定に大きく影響します。就職面接ではないのでスーツを着用する必要はありませんが、白系統の清潔感のある服装がおすすめです。


・爪を切っておく

面接を担当していると、爪を切っていない学生さんが意外に多いので、爪を切って清潔な印象を面接担当者に与えましょう。爪先が汚い人は面接で落とされる確率が高くなりますよ。特にコンビニは食べ物を扱う接客サービスが中心なので、手先のケアにはくれぐれも注意してください。


・コンビニバイトの面接で必要な持ち物は?

面接の当日に持参する持ち物としては、履歴書、学生さんでしたら学生証などの身分証明書、自動車免許がある方は免許証、スケジュール帳などがあります。

学生証は、コンビニエンスストアによっては提示してもらって確認する場合がありますので、必ず持参しましょう。

コンビ二は24時間営業していて、たくさんのスタッフがシフトを組んで交替で働いています。面接の時に入れるシフトの時間帯を質問される場合があるので、すぐにスケジュールが確認できるようにしておきましょう。スケジュール帳はスマートフォンのスケジュール帳でもOKです。

また、必携の持ち物以外に印鑑なども持参しておくと安心でしょう。たまにシフト表に印鑑を押すお店もあります。


・履歴書は丁寧に書く、写真を貼ることも忘れずに

履歴書を書く文字の上手下手を面接担当は見ていません。端的に言うと字の上手下手はどちらでもいいです。それよりも丁寧に書いているかどうかを見ます。字が上手でも急いで書いた履歴書は雑な印象を与えていまいます。逆に字が下手でも時間をかけて丁寧に書いた履歴書は好印象です。私が面接担当者でしたら、字は下手だけれども丁寧に書いた履歴書の方を採用します。

さらに、バイトの面接だから履歴書に写真を貼付する必要はないと勘違いしている人が意外に多いようです。バイトの履歴書であってもちゃんと写真を貼って提出するようにしてください。履歴書を粗末に扱う人は、印象が悪くなってしまいます。写真を貼っていない履歴書はマナー違反です。

■コンビニ面接での志望動機を中心に! よく聞かれる質問例と回答例まとめ

コンビニバイトの面接でよく聞かれるのが志望動機。いざ面接となって慌てないよう、ここでその他質問も交えながら質問と回答例をご紹介しておきます。

<質問例1>

「うちのコンビニを志望した理由をおしえてください」

<質問の意図>

コンビニのバイトが向いているのかどうかを判断するための質問になります。また、家が近いのでといった志望動機も採用担当にとってはポインが高くなります。近くに住んでいる人は、交通費がかからなかったり、通いやすいため長く働いてもらいやすかったりなど何かと有利だからです。

また、シフトにたくさん入りたいという方もポイントが高いはず。正直に志望動機を面接担当者に伝えるようにしましょう。


<回答例>

「はい、よくこちらのコンビニエンスストアを利用させてもらうのですが、店の雰囲気がよくてこちらで働いてみたいと思いました。また、家が近いので、通勤にも便利です。苦学していてお金が必要なので、シフトにはできるだけたくさん入れてほしいです。」

<質問例2>

「シフトに入れる曜日と時間を教えてください」

<質問の意図>

コンビ二は24時間営業しているので、シフトに穴が開いてしまったら大変です。そのため、入れる曜日や時間帯など、シフトについての質問は必ずあります。

スケジュール帳を持ち歩いていつでも自分の予定が答えられるように準備しておきましょう。授業のカリキュラムや掛け持ちのバイトのスケジュールなどをこまめに記入しておいてください。シフトの質問に即答できたら、面接担当は几帳面で仕事ができる人という印象を受け、採用される確率が高まります。

<回答例>

「少しお待ちください。只今スケジュールを確認してみます。(スケジュール帳を出して確認)月曜日から水曜日の午後16時から午後20時までシフトに入れます。木曜日は午後16時まで授業があるので、木曜日は午後17時から午後21時まで入れます。また、金曜日は午前中あいているので、午前6時から午後0時まで入れます。土曜日と日曜日は、終日働けますので、他のスタッフの方との兼ね合いでシフトに入れてください。」


<質問例3>

「現在、またはこれまでに部活やサークル活動は行ってきましたか? また、活動を通じて達成したことなどがあれば教えてください。」

<質問の意図>

スキルを見る目的と、他のスタッフとの協調性、コミュニケーション能力などを見る質問です。部活動などで仲間と力を合わせて達成したことがあれば話すようにしましょう。

<回答例>

「はい、現在大学では「街おこしサークル」に所属しています。街の中心部のさびれてしまったアーケード街などを活性化させるサークルです。空き店舗になっているお店の地権者と店舗オーナーとを仲介する活動で、かなりの空き店舗が埋まってきました。」

「高校時代は、野球部に所属していました。県大会で準優勝まで勝ち進み、あと1勝で甲子園に出場できたのですがとても残念です。でも仲間と力を出し合って、いい成績が残せたので、一生の思い出になりました。」

<質問例4>

「前のアルバイトを辞めてこちらを志望した理由はなんですか?」

<質問の意図>

あなたの人間性やコンビニでのアルバイトが続くかどうかを見る質問です。ネガティブな理由、例えば、人間関係のトラブルで辞めた、お客様とのトラブルで辞めた、といった理由は、もし実際にそうであったとしても、他の理由にして話すといいでしょう。

<回答例>

「前のアルバイトは家庭教師をしていました。週に5日間入っていたのですが、担当する生徒が志望校に合格したのに合わせて辞めました。辞めた理由は、大学の授業が忙しくなり週5日のスケジュールが厳しくなったからです。受け持った生徒の成績が伸び志望校に合格したときには、自分のことのようにうれしかったのを覚えています。達成感もありました。」

「以前、スーパーでレジ打ちのアルバイトをしていました。スーパーが遠くて通勤に時間がかかることや、大学の授業時間が長くなってきたので、やむを得ず辞めることになりました。」

「居酒屋でアルバイトをしていましたが、深夜までシフトが組まれていて、翌日大学の授業に遅れることが多くなってきたので、やむを得ず辞めることになりました。居酒屋の店長はシフトを柔軟に対応するからと引き留めてくださったのですが、かえって周囲のスタッフに迷惑がかかるので辞めることにしました。」

「焼肉店でホールスタッフのアルバイトをしていたのですが、スタッフが少なくて、予定のシフト以外に入らなくてはいけないことが多くなりました。大学の授業も忙しくなってきたので、大学の授業を尊重してやむを得ず焼肉店を辞めることにしました。」

<質問例5>

「あなたが、これまで生きてきた中で一番頑張ったことを話してください。」

<質問の意図>

あなたの仕事に向かう責任感や、忍耐力などを見る質問です。

<回答例>

「高校時代に長距離走の選手として県大会で優勝した経験があります。現在も毎日ジョギングしていて、今年の春には○○マラソンでサブ4を達成しました。次はサブ3を目指して頑張っているところです。」

「高校時代にラグビー部に所属していました。私たちはチームワークがとても良くて、3年生の時には県大会で優勝して花園への出場を果たしました。花園の思い出は一生の宝物になりました。」

<質問例6>

「いつから、働けますか?」

<質問の意図>

即戦力で働けるスタッフがすぐ欲しいというコンビニエンスストアは意外に多いようです。できるだけ早くシフトに入ってほしいからこの質問をしています。働けるスケジュールを正確に伝えましょう。

<回答例>

「はい、○月○○日の○○時から働けます。どうかよろしくお願い致します。当日、用意しなくてはいけないものがあれば、お教えください。」

■コンビニバイトの面接担当経験者から一言

コンビ二で面接の担当をしたことがある者として、これから面接に臨もうとしている人に本音でアドバイスします。

コンビニのバイトスタッフを採用する際に求めている人材は、責任感のある人です。シフトに穴を開けない人、やむを得ず休まなくてはならない場合には他のスタッフと調整して対応できる人。また、スケジュール管理ができることも採用の決め手です。つまり、任せられて信頼できる人材ということになります。

逆にいくら元気のある明るい人でも、遅刻が多いて、無断欠勤が多いような人は、はじめから採用しません。コンビニでの面接では遅刻はしない、無断欠勤はしない、スケジュールをちゃんと管理していることなどをアピールすると、採用されやすくなります。

■コンビニバイトの面接のコツまとめ

コンビ二バイトの面接をパスするためのさまざまなコツやテクニックをまとめてきました。志望理由の伝え方など、参考になることはありましたか? コンビニは、お金や食べ物を扱う仕事なので、人間性や責任感、衛生管理が最も問われます。

コンビニの面接担当経験者の意見は参考になるはずです。記事を参考にしながら今後の面接対策を練るようにしてください。

執筆:山下正之助(ナレッジ・リンクス)




Related Post

コメントを残す

Loading…