Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

コンビニの棚にぎっしり並べられている商品、実はこれ、食べられないけど全部買えます。フェルト細工商品のコンビニがオープン(アメリカ) – エキサイトニュース

 アメリカ、ニューヨーク・マンハッタンに新しく1軒のコンビニができたという。んじゃちょっくら食料でも調達に行くかと思うだろう?で、行くだろう?おいしそうな食品が並んでるだろう?でも食べられないんだ。

 ああがっかり、でも面白いかも。このコンビニ店の商品はすべてフェルト細工でできているのだという。

[画像を見る]
imege credit: Colossal
【コンビニ・”8 ‘Til Late”】

 フェルトアートで有名なイギリスのアーティスト、ルーシー・スパロウさんがお店を開いた。それがこの「8 ‘Til Late」(8時から遅くまで)というコンビニ店だ。マンハッタンのラグジュアリー・ホテル、”The Standard, High Line” の中にある。

[画像を見る]
imege credit: Colossal
 お店の中は、天井から床までぎっしりと商品が並べてある。朝食用シリアル、肉やハム、ソーセージを売るコーナー、冷凍食品、香辛料、それからアルコール。どれもアメリカではニーズの高い商品ばかり。

 ああでも食べられない。
 材料はすべてフェルトとホンの少しばかりのペンキなのだ。

[画像を見る]
imege credit: Colossal
[画像を見る]
imege credit: Colossal
[画像を見る]
imege credit: Colossal
【食べられないけど買えるから】

 何よりすごいのは、この店にあるものは全部、最後の一つまで売り物だってところだ。そう、すべての商品が購入可能なのである。食べられないけども。

[画像を見る]
imege credit: Colossal
[画像を見る]
imege credit: Colossal
[画像を見る]
imege credit: Colossal
[動画を見る]

【食べられなくても欲しくなる、見て楽しい精巧なフェルト細工】

 スパロウさんはここ数年間、世界中のギャラリーやアート・フェアで、フェルト作品を展示してきた。

 実は、「8 ‘Til Late」は、2014年にロンドンで公開された「The Corner Shop」(街角の店)と対になる作品なのである。こちらも同じコンセプトの作品だが、売られていたフェルト作品は、ヨーロッパの店で典型的な商品を模したものだったのだ。

[画像を見る]
imege credit: Colossal
[画像を見る]
imege credit: Colossal
【満員御礼、売り切れ御礼】

 さて、このお店はアート作品の展示ということで、期間限定で開いていたのだが、最後の何日かは、そのブロックを取り巻くほどの行列ができたらしい。それほどまでにこれらの食品(作品)は素晴らしかったのだ。展示されていた作品は残らず売り切れたそうだ。

[画像を見る]
imege credit: Colossal
[画像を見る]
imege credit: Colossal
 食べられないけど欲しくなっちゃった?そんなお友達の場合にはネット通販を利y法することができる。

 スパロウさんの商品が購入できる通販サイトがある。3600円~から、様々なフェルト商品を購入可能だ。

via: Colossal / Foodiggity / The Standard / Facebook など / translated by K.Y.K. / edited by parumo

あわせて読みたい
[画像を見る]これは味がある!そして欲しすぎる!表情が絶妙で質感がリアル。動物たちを模したかわいいフェルトアート

[画像を見る]リアリティのあるかわいさにはわけがある。羊毛フェルトでできた動物たち

[画像を見る]とにかくかわいい!キノコにイカ・タコのフェルトアート

[画像を見る]芸が細かい!そして驚きの再現度「俺の部屋を1/6のジオラマ模型にしてみた」

[画像を見る]身近にあるものを使って、ファンタスティックな風景を作り出す、魔法のジオラマアート「異世界(Strange Worlds)」プロジェクト

記事全文はこちら:コンビニの棚にぎっしり並べられている商品、実はこれ、食べられないけど全部買えます。フェルト細工商品のコンビニがオープン(アメリカ) http://karapaia.com/archives/52242336.html




More from my site

Related Post

コメントを残す

Loading…