Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

コンビニの「万引き」がなくならない。盗まれやすい商品の傾向とは – まぐまぐニュース!

私たちの身近にあるコンビニの知られざる裏話を、業界の内情に詳しいライターの日比谷新太さんが紹介していく当シリーズ。前回の「発注ミス」の話題に続いて、今回取り上げるのは、コンビニにおける万引きの実態について。街の書店などでは、度重なる万引きによって閉店の危機に追い込まれているところも多いと聞きますが、方やコンビニも厳しい状況なのは同じなようで……。

万引き犯に狙われやすいコンビニの商品とは

コンビニも含めたあらゆる小売店が、その対応に苦心しているものといえば万引き。1件1件の被害は微々たるものですが、積もり積もれば大きな額となり、経営を圧迫する要因にもなりかねません。

その手口ですが、レジカウンターから死角になる場所で、商品をカバンなどに入れて持ち逃げするパターンが一般的。その際、トートバックなどの取り出し口が大きく開くカバンを活用することが多いです。

狙われやすい商品としては、おにぎり等の片手で持てる食べ物類や「ウィダーインゼリー」などの健康食品ゼリー、またはレジ横に陳列してあるタバコなど、手にしやすい小さなものが多い傾向です。また女性の万引き犯だと、ネイル・口紅などのメイクアップ化粧品。さらに比較的高価(1000円~3000円)で、オークションなどで転売がしやすいということで、スマホやケータイ用のモバイルバッテリーもよく狙われます。

また、換金がしやすいということで言えば、年末年始に売り出す年賀状も被害に遭いやすい商品です。店側としても、ターゲットになりやすいことは重々承知しているので、たいていはレジ前に設置した什器の上など、店員の目が届きやすい場所に置いておきます。

しかし、ある店舗に現れた2人組の万引き犯は、店内に堂々と1人が入ってきたと思いきや、年賀状が陳列されている什器をまるごと抱え上げて、そのまま店外へ。外でバイクに乗って待っているもう1人と原チャリ2人乗りで、アッという間に去っていったといいます。ここまで来ると、もはや万引きというより強盗ですが……。




印刷する

Related Post

コメントを残す

Loading…