Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

カゴメ「野菜生活100」が「レシポ!」とコラボ、手に取る“きっかけづくり”でコンビニ販売増 – AdverTimes(アドタイ)

“商品を掲載すると、認知度と売上が急上昇する!”とメーカーから注目を集めるWebサイト「レシポ!」。掲載商品を購入して、そのレシート画像を送ることでポイントが還元されるサービスだ。カゴメは野菜ジュース「野菜生活100」と「GREENS」のプロモーションで、この「レシポ!」を活用して売上を伸ばした。そこで、カゴメ 広告宣伝部 重友大輝氏と、「レシポ!」を運営するニジボックス 美園直人氏に、企画の狙いから効果について聞いた。
ad_dsc_0057_misawa

カゴメ マーケティング本部 広告宣伝部 重友大輝氏(左)と、ニジボックス メディアプロデュース事業部 レシポ!営業グループ グループリーダー美園直人氏(右)。

認知度の高いブランドの初回購入をどう促す?

――今回、カゴメが「レシポ!」を活用した背景から教えてください。

重友:私が広告宣伝を担当する「野菜生活100」は発売から20年が経ち、消費者からの認知度も高く、ありがたいことに商品をお取り扱いいただいていない量販店やコンビニは少ない状況です。

ただ店頭に商品が並んでいることがお客さまにとって当たり前になると、意識していただくきっかけがなければ、徐々に手に取ってもらう機会は減っていきます。そこで「レシポ!」を通じて、購入の機会をつくることを狙いました。

――「野菜生活」が成熟したブランドだからこその悩みですね。手にとってもらう“きっかけづくり”を「レシポ!」に期待したわけですね。

重友:はい、“きっかけづくり”にはサンプリングという手法もありますが、どうしても“タダでもらえる”となると、いわゆる特売品だけに反応するような「チェリーピッカー」も多く含まれてしまう傾向にあります。そのため我々が手にとってほしい、継続的に買ってくださるお客様になかなかリーチできないという課題がありました。

美園:カゴメさんとは「レシポ!」がリリースされる以前から、お付き合いをさせていただいています。その時から「チェリーピッカーやサンプルゲッターへの対策をしたキャンペーンはできないか?」とお話していました。

2014年に「レシポ!」がスタートする運びとなり、レシートを撮影することで購買を証明でき、より「実購買に近い施策」とご評価いただいき実施させていただきました。

ad_LP

「レシポ!」。月間アクティブユーザー数はスマホで36万人、PVは380万(2016年5月時点)。男女比は女性が8割で専業主婦やパート主婦が多い。

――具体的に、どのようやキャンペーンを行ったのでしょうか。

kagome_yasaiseikatsu3

カゴメ「野菜生活100」リーフパック。

重友:2016年7月に「野菜生活100」のリーフパックタイプを東京・神奈川・大阪のコンビニ限定で、ポイント100%還元にして「レシポ!」で展開しました。リーフパックは野菜由来の食物繊維による、あらごし触感を味わうことができます。この新しいタイプのリーフパックを手にとってもらうために展開しました。

美園:「野菜生活100」はメジャーなブランドですので、「レシポ!」ユーザーの反応もすごく良かったですね。アクセスや申し込み状況を見ていても、ユーザーが活気づいていることが分かりました。

レシポに掲載したバナーとキャンペーンページ。

――「レシポ!」に掲載したことによる、効果はいかがでしたか?

重友:総合的にさまざまな施策を行った結果なので、詳細まではお答えできませんが、キャンペーン後のコンビニの売上が非常に好調でしたね。レシポが果たした役割も大きいと思います。

美園:ありがとうございます。「レシポ!」上で目標としていた本数も、期間内に達成することができました。

次ページ 「対象エリアや業態を絞ってキャンペーンが可能」へ続く


問い合わせ先
株式会社ニジボックス
東京都中央区勝どき1-13-1 イヌイビル・カチドキ4F
メディアプロデュース事業部
03-6705-9180
recipo@nijibox.co.jp
レシポ!:https://recipo.jp/
レシートマーケティングについて:https://products.recipo.jp/




マーケティングにレシートデータを活用しよう~店頭販売を最大化に導く“レシートマーケティング” 関連記事

Related Post

コメントを残す

Loading…