Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

アニメ『シンデレラガールズ劇場』2期は2017年10月スタート! 「シンデレラガールズ」5thライブツアー幕張公演 – ニコニコニュース

画像提供:マイナビニュース
マイナビニュース

『アイドルマスター シンデレラガールズ』初の全国ライブツアー「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」。その幕張公演が2017年7月8日~9日、千葉・幕張メッセにて開催された。

幕張公演アンコールでは重大発表として、TVアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』第2期が2017年10月より放送されることが発表された。発表映像には安部菜々の水着姿やレッスン中の多田李衣菜と木村夏樹の姿なども映っており、会場のプロデューサーから大きな歓声が上がった。

○TVアニメ「シンデレラガールズ劇場」 2期PV

PSVR専用ソフト『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』からは、第6弾追加楽曲「Trancing Pulse」が7月13日に配信されることが発表された。これに伴い、神谷奈緒、北条加蓮が同作に実装。ステージで「Trancing Pulse」の歌唱を担当するのはもちろん渋谷凛、神谷奈緒、北条加蓮のユニット・Triad Primusだ。アンフィシアターで行われたファースライブ当時はまだ存在しなかったユニットと楽曲だけに、アンフィシアターでの「Trancing Pulse」はPSVRの中でしか体験できないステージとなる。

また今夏、コンビニのローソン、スリーエフ、ポプラ、セーブオンとタイアップした飲料キャンペーンが行われることがあわせて発表された。発表ではコラボ絵柄がシルエットで公開されたが、3人のちょっと新鮮な組み合わせのアイドルが浴衣的なものを着たイラストであるように見えた。詳細は今後発表されるとのことだ。

○「シンデレラガールズ」5thライブツアー幕張公演

7会場14公演のツアーも後半戦に突入した幕張公演には、福原綾香(渋谷凛役)、原紗友里(本田未央役)、五十嵐裕美(双葉杏役)、今井麻夏(佐々木千枝役)、金子真由美(藤本里奈役)、佐藤亜美菜(橘ありす役)、立花理香(小早川紗枝役)、原田彩楓(三船美優役)、藤田茜(水本ゆかり役)、三宅麻理恵(安部菜々役)、杜野まこ(姫川友紀役)、山下七海(大槻唯役)、佳村はるか(城ヶ崎美嘉役)、ルゥ ティン(塩見周子役)、和氣あず未(片桐早苗役)が出演した。

恒例となったオープニングのフラッグを掲げての行進、そしてオープニングナンバーの「Shine!!」では、佳村はるかがセンターを担当した。佳村は先輩や仲間たちが担ってきたセンターという特別な場所に対する想いと、準備中に五十嵐裕美や佐藤亜美菜がかけてくれた言葉が重圧を和らげてくれたエピソードを紹介。普段と違う立ち位置に立ったことで、仲間の素晴らしさを改めて再確認した様子だった。

ソロのトップバッターを飾ったのは、幕張公演が唯一の参戦となる山下七海の「Radio Happy」。その盛り上がりは圧倒的と言ってもいいほどで、シンガロングやクラップ、コールの一体感は幕張イベントホールがひとつの生き物になったようだ。この難曲を楽しんで歌いきった山下は、「ハッピーハッピー(レディオハッピー!)」と、ラストMCの客席との掛け合いにも「Radio Happy」のタイトルを採用していた。山下唯一の参戦となった幕張で、大槻唯がいる「Snow Wings」がようやく聴けたのはファンには嬉しいプレゼントだった。

幕張公演でナンバリングライブデビューを果たしたのは、三船美優役の原田彩楓と、水本ゆかり役の藤田茜のふたり。原田は新曲「命燃やして恋せよ乙女」に三宅麻理恵、和氣あず未と共に参加。”永遠の17歳な乙女”、”ビール大好きな乙女”に囲まれながら、和のテイストのしっとりとした乙女を見事に演じきった。原田がセンターで歌った「Take me☆Take you」は、三船美優に声がつくきっかけになった曲。それだけに原田も歌の世界やアイドルの想いとリンクしてしまい、胸が熱くなっている様子だった。

藤田茜は初日よりも2日目の方が、歌もダンスも仕上がりがとてもよくなったように感じられた。それもそのはず、仲間たちのMCから垣間見えるのは、朝食のあとや開演前など空き時間を見つけては練習を繰り返す藤田の姿ばかりだったからだ。特に立花、藤田、金子で歌った「あいくるしい」は、2日目藤田の歌に伸びやかさが、金子の歌に厚みが加わったことで、より魅力的なトライアングルが表現されていたように感じた。金子はご当地千葉出身とのことで、会場に来た両親に晴れ姿を見せていた。

今回の公演では、福原綾香、原紗友里というニュージェネレーションの一角がようやくステージに登場したのも大きなトピックだろう。印象に残ったのは、クール属性曲「Nation Blue」で福原がセンターではなかったこと。佐藤亜美菜にセンターを任せ、彼女を主役にすえながらも、ひとたび自身のソロパートが来れば自身の世界を濃厚に香り立たせる。立ち位置に左右されない存在感のようなものを感じた。

普段とはちょっと顔ぶれが違う公演の中で、佳村はるかや牧野由依たち各会場のセンターはぐっと存在感を増してきた。そしてニュージェネのメンバーはセンター以外の立ち位置や、ツアーに途中から合流する心情や難しさを体験している。5thツアーという道のりを経てそれぞれの経験を経たアイドルたちがSSAに集った時に生まれる化学反応。その予兆は、幕張のステージからも確かに感じられた。

○「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」幕張公演 – セットリスト

M-01 : Shine!! / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M-02 : Radio Happy / 山下七海
M-03 : ステップ! / 原紗友里
M-04 : スローライフ・ファンタジー / 五十嵐裕美
M-05 : あいくるしい / 立花理香、藤田茜、金子真由美
M-06 : NUDIE★ / 佳村はるか
M-07 : 薄紅 / 立花理香
M-08 : in fact / 佐藤亜美菜
M-09 : この空の下 / 佐藤亜美菜、五十嵐裕美、ルゥティン
M-10 : AnemoneStar / 福原綾香
M-11 : 命燃やして恋せよ乙女 / 三宅麻理恵、原田彩楓、和氣あず未
M-12 : アタシポンコツアンドロイド / 五十嵐裕美、藤田茜、金子真由美、三宅麻理恵、立花理香
M-13 : Nation Blue / 福原綾香、佐藤亜美菜、ルゥティン、原田彩楓、今井麻夏
M-14 : SUN♡FLOWER / 佳村はるか、原紗友里、杜野まこ、山下七海、和氣あず未
M-15 : BEYOND THE STARLIGHT / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M-16 : Snow Wings / 福原綾香、原紗友里、山下七海、佳村はるか、今井麻夏、金子真由美
M-17 : Can’t Stop!! / 和氣あず未 with 立花理香、山下七海
M-18 : メルヘン∞メタモルフォーゼ! / 三宅麻理恵
M-19 : With Love / 藤田茜、杜野まこ、福原綾香、ルゥティン、和氣あず未
M-20 : Take me☆Take you / 原紗友里、原田彩楓、三宅麻理恵
M-21 : Tulip / 佳村はるか、ルゥティン、杜野まこ、立花理香、今井麻夏
M-22 : 夢色ハーモニー / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
【ENCORE】
EC-01 : EVERMORE / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
EC-02 : お願い!シンデレラ / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)BNEI/しんげき
(中里キリ)




More from my site

Related Post

コメントを残す

Loading…