Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

なぜコンビニの「あったか〜い」お茶が大容量化しているのか? – まぐまぐニュース!

私たちの身近にあるコンビニの知られざる裏話を、業界の内情に詳しいライターの日比谷新太さんが紹介していく当シリーズ。前回の「販売ノルマ」に関する話題に続き、今回取り上げるのは「ホット飲料のトレンド」について。だんだんと寒くなるこれからの時季、恋しくなってくるホット飲料ですが、日比谷さん曰く一昨年あたりから売れ筋にある変化が現れているそうで……。

ホット飲料が売れ出すタイミング   

毎年9月中旬ごろになると、コンビニの飲料売れ筋に変化が現れます。温かいドリンクの売上が急上昇してくるのです。

目安としては一日の最低気温が15度を下回ると、ホット飲料が売れ始めます。街中の飲料自動販売機もこのタイミングに合わせて陳列が入れ替えられ、またコンビニでもカウンターの上にある飲料ケースにホット飲料が並ぶようになります。

今年も暑さがひと段落し、そろそろ温かい飲み物が恋しくなる季節……ということで、今回はホット飲料のトレンドを、昨年度(2016年)・一昨年度(2015年)の売上データを参考に予測してみたいと思います。

圧倒的に売れているホット飲料とは?

下表は、某コンビニにおける2015年11月度・2016年11月度のホット飲料売れ筋ベスト10です。緑色に塗りつぶしたのはお茶、茶色に塗りつぶしたのは紅茶、黄土色に塗りつぶしたのは果汁としました。白色はコーヒーです。(缶コーヒー・ボトルコーヒーは、POSデータ上でホットかコールドかを判別できないため、このランキングからは除外しています)

0000001

さて表を確認いただくと、圧倒的にお茶飲料が強いことが分かります。また、紅茶飲料の単品としてミルクティが上位に食い込んでいるのも、見逃せないポイントではないでしょうか。ちなみに気温低下とともに、コーンポタージュや甘酒などの商品も販売を伸ばしてきますが、トップ10に食い込むほどではありません。




印刷する

Related Post

コメントを残す

Loading…