Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

ぎりぎり家計のストレス解消 「今より稼ぐ」が最善策|マネー研究所 … – 日本経済新聞

 今月のマネーハックは「ストレス」について考えています。一風変わったテーマと思われるかもしれませんが、日々の生活においてはお金に絡むストレスこそ、とても煩わしい存在です。これをうまくコントロールして快適なマネーライフを送ろうというのが今回の試みです。

■生活費が足りないのは強いストレス

 毎日の生活費が定期的な収入とのバランスを欠いていることが多くあります。理由はまだ若くて年収が低いことであったり、家族が増えて支出が増えたが年収は増えないことであったりするでしょう。

 普通に生活していくために必要なお金が、仕事から得られる毎月の定期収入でやりくりするのにはギリギリである状態、これはとてもストレスの強い状態といえます。

 こうした綱渡りの状態はそれだけでストレスがかかっているわけですが、臨時出費が生じたときにはさらに苦労します。例えば、白物家電の故障で買い替えに至った場合、10万円規模の出費になることも珍しくありませんので、ボーナス払いなどでしのぐことになります。

 友人から結婚の連絡が届いたときも「お祝い金の3万円どうしよう……」と思わずにはいられないでしょう。本来喜ぶべき状況なのに、喜べないとは実にストレスフルな状態です。

 また、お金を使ってストレスを解消するような選択肢がそもそもとれない、というストレスもあります。上手にコントロールできるのならストレス解消の出費も悪くないのですが、そもそもストレス解消予算がないため、それも実現できずストレスをただ抱え込むことになってしまいます。

■ストレス解消には2つの方法

 お金がないというストレスを解消する方法は2つしかありません。一つは今よりも生活コストを下げることで、手取り収入に見合うようにすることです。取り組みが十分でない場合、節約の努力は必要です。しかし、すでに生活費を切り詰めている家庭にとってはさらなる苦労が伴います。もしかするとストレスが増すかもしれません。

 もう一つは生活にかかるコスト以上を稼ぎ、収入をより多く確保する方法です。つまり社内での昇格、あるいは転職などのキャリアアップによる年収増がこれにあたります。節約のようにすぐには実現できないかもしれませんので、地道に取り組む必要があります。

 橘玲氏は近著「幸福の『資本』論」で「お金は幸福になるもっとも確実な方法だ」と指摘したうえで、単身世帯では年収800万円に近づくまでは収入が増えるほど幸福度も高まるという調査を紹介しています。ある程度まではお金が足らない苦労は年収増で解消され、幸福感が増すということです。

 生活に困らない程度の年収はどれくらいか、というのはなかなか難しい問題ですが、20~30歳代の単身者では年収が500万円を超えると、お金が足らないというストレスからは脱出できるようになるはずです。これは統計で見ても、40歳前後の平均賃金に近い水準に当たります。

■年収数十万円のアップに挑もう

 30~40歳代の夫婦世帯の場合では子どもの有無や人数にもよりますが、夫婦の所得合計で1000万円を超えると、お金が足らないというストレスを乗り越えることになるはずです。子どもがいない場合は、夫婦合計で800万円くらいが一つの目安かもしれません。

 しかし、そうした数字はあまり気にする必要はありません。なぜなら、現在の年収が少ない人ほど、年収増加幅が小さくてもそのストレス解消度合いは大きくなるからです。世帯年収が600万円の夫婦の年収50万円アップは、世帯年収がすでに1000万円を超えている世帯の年収100万円増より大きくストレスを軽減させることでしょう。

 若い世代ほどお金が足らないというストレスに苦しんでいると思いますが、少しの年収増でその脱出は可能です。非正規社員が正社員登用のチャンスをつかむこと、専業主婦が働き始めること、今よりも給料が上がる転職を実現することなど、選択肢はいくつもあります。

 私は年間数十万円の節約より、年収数十万円のアップを目指すことが最善策であると考えます。やりがいがあり、かつ幸福感も得られるからです。「稼いでストレス解消」にぜひともチャレンジしてみてください。




マネーハックとは ハックは「術」の意味で、「マネー」と「ライフハック」を合わせた造語。ライフハックはIT(情報技術)スキルを使って仕事を効率よくこなすちょっとしたコツを指し、2004年に米国のテクニカルライターが考案した言葉とされる。マネーハックはライフハックの手法を、マネーの世界に応用して人生を豊かにしようというノウハウや知恵のこと。
山崎俊輔

 AFP、消費生活アドバイザー。1972年生まれ。中央大学法学部卒。企業年金研究所、FP総研を経て独立。退職金・企業年金制度と投資教育が専門。著書に『誰でもできる 確定拠出年金投資術』(ポプラ新書)など。http://financialwisdom.jp

Related Post

コメントを残す

Loading…