Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

おにぎりの無いコンビニも? 独自に進化する「駅ナカコンビニ」 – まぐまぐニュース!

私たちの身近にあるコンビニの知られざる裏話を、業界の内情に詳しいライターの日比谷新太さんが紹介していく当シリーズ。前回の「店先のガードレール問題」に続き、今回取り上げるのは近年急増中の「駅ナカコンビニ」について。街の中にある普通のコンビニと、駅構内にあるコンビニとでは、客層や売れ筋にどのような違いがあるのでしょうか。

なぜ最近「駅ナカコンビニ」が増えているのか

一昔前までは駅にある売店といえばキヨスク売店でした。しかし現在ではそれらが姿を消し、各鉄道会社と提携した大手コンビニが駅構内に出店するパターンが増えてきています。

主な鉄道会社の駅ナカへのコンビニ出店(提携)状況
・JR西日本×セブン―イレブン
・JR九州×ファミリーマート
・JR四国×セブン―イレブン
・JR北海道×セブン―イレブン
・西武鉄道×ファミリーマート
・東急電鉄×ローソン
・東武鉄道×ファミリーマート
・京浜急行×セブンイレブン
・東京メトロ×ローソン

いまや首都圏でコンビニと提携していない鉄道会社は、JR東日本・京王電鉄・小田急電鉄ぐらいでしょうか。

駅ナカ立地の特徴としては、駅構内の空きスペースでの商売となるので、一般的に店舗面積が狭くなるという制約条件があります。そのため、必然的に品揃えできる商品数が少なってしまい、お客さんからすると「商品が少ないな」「品揃えが悪いな」という印象になってしまいます。

店舗面積が小さいと倉庫(バックヤード)も狭くなります。そうなると商品在庫を十分確保するのが難しくなるので、多頻度の納品体制を構築しないと売場欠品が発生する危険性が高まります。

また「ファミチキ」等のフライヤー商品の提供が、駅ナカコンビニの場合は困難です。駅構内に換気システムを構築したり、火災防止の設備等を整えるには、多大なるコストが必要となるからです。

これら以外にも、様々な制約条件下で商売をしなければならないのが駅ナカコンビニです。王者・セブンイレブンでさえ駅ナカへの進出が遅れたのは、これらの制約条件があった影響かも知れません。




印刷する

Related Post

コメントを残す

Loading…