Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

【東京市場の注目銘柄】(12日)ユニー・ファミリーマートHD 2.2%安 (1/2 … – SankeiBiz

 ≪サークルKサンクスの収益力低下≫

 ■ユニー・ファミリーマートホールディングス(8028) 前日比2.2%安の6240円。2017年3~5月期(第1四半期)営業利益は前年同期比86%増の126億円。SMBC日興証券は決算にサプライズはないと指摘、ブランド未転換のサークルKサンクスの収益力低下が著しく予断を許さない状況が続くと分析。

 ■サイゼリヤ(7581) 3%高の3405円。16年9月~17年5月期(3四半期累計)営業利益は前年同期比35%増の80億4000万円と、サービス強化などで国内既存店が好調に推移した。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は事前予想77億円を上回りポジティブと評価。既存店の減収が続いていた中国上海と広州が3~5月期で増収転換したことも好印象とした。同社は発行済み株式総数の0.6%、10億円を上限に15日から自社株買いを実施する。

 【電炉関連】 東京製鉄(5423)が1.7%安の969円、合同製鉄(5410)が2.6%安の2263円など。メリルリンチ日本証券は鉄鋼業界リポートで、業界紙「THE TEX Report」の報道を引用する形で関東鉄源協同組合の7月契約の輸出向け鉄スクラップの落札価格が大幅上昇した点に言及し、短期的に見込まれる鉄スクラップ価格の上昇は電炉のコスト増につながるとの見方を示した。

 ■ニチコン(6996) 1.8%安の1214円。18年3月期最終損益計画を31億円の黒字から16億4800万円の赤字に下方修正すると12日発表。電解コンデンサ事業で独占禁止法関連損失47億4800万円を特別損失として4~6月期(第1四半期)決算で計上することが響く。




Related Post

コメントを残す

Loading…