Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

【トップは語る】セブン-イレブン・ジャパン「近くて便利」へ品質向上が不可欠 (1/2ページ) – SankeiBiz

セブン-イレブン・ジャパン社長・古屋一樹さん(67)

 --節約志向が強まっている

 「消費者は慎重で余計なモノを買わなくなっている。商品を選択する消費者の目は厳しい。ただ、コンビニエンスストアは(高額品と違い)日常の商品を扱っており、手を打てば響く業態だ。しかし、生き残るには立地、商品、サービスのどれが欠けても難しく、地域で一番にならなければならない」

 --国内のコンビニは飽和状態か

 「“質”が伴えば、飽和はない。当社のブランドメッセージは『近くて便利』。この『近くて』というのは、物理的な意味だけでなく、心理的な近さも含まれる。モノが単に置いてあるだけでなく、品質が伴うことで初めて近くて便利になる。高齢者や働く女性が増えており、こうした人にコンビニを使ってもらえる余地もまだある」

コメントを残す