Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

【コラム】レジでタバコを吸いながらテレビを見る中国のコンビニ店員に … – ロケットニュース24

海外旅行の面白さとは、決して有名な観光地に行くことだけではない。現地の人々の暮らしぶりや、自分の国にはない文化に触れること。そういった日常のシーンにこそあると思うのだ。そういう意味では、中国は隣国でありながらとても面白い国である。

これは先日、私(あひるねこ)が中国のコンビニに入った時の話だ。商品を持ってレジに行くと、思わず中にいた店員を2度見してしまった。なんとその店員、レジでタバコを吸いながらテレビに夢中だったのだ! んなアホな。しかし、私はその光景に笑うと同時に、感動を覚えたのであった。

・中国のコンビニ

中国・広東省の広州を訪れていた私。21時頃だっただろうか。ホテルに戻る途中、近くにあったコンビニに立ち寄った。中国に行くと、毎日のように青島ビールを飲んでしまうのだ。青島ビールは神である。この日もビールと、何かお菓子でも買って帰ろうかと思い、店内に入った。

・平和そのもの

何度か目にしたマークの店だったので、おそらくチェーン店なのだろう。まあ、コンビニなんてものはどこの国も大差ない。一応、何かネタになりそうなものはないかと物色するも、至ってフツーだ。しいて言うなら、店内放送でドラマか映画のような音が流れていたことくらいか。いや音楽じゃないんかいと。

・レジでの出来事

私は商品を選び、それらをレジへと持っていった。余談だが、店員が元気よく挨拶してくるのは日本くらいのものだろう。「ハロー」と微笑んでくる国もあるけど、基本は簡素。店員同士でおしゃべりしながらレジ打ち、なんてのもある。だが、この日は少しばかり様子が違った。

・不可解な店員

明らかにそこに店員がいるのに、こちらに来ないのだ。私はどうしようかな……と戸惑いながら、知っている数少ない中国語「フーウーユエン(すいません、と店員を呼ぶ時に使う)」と言ってみた。その時になって初めて店員の方をちゃんと見たのだが、そこでは予想だにしないことが起きていたのだ。

・奇跡体験アンビリバボー

20代半ばくらいのその男性店員は、レジカウンターの中でイスに腰かけていた。足を組んで座っていた。いや、そこまではまだいい。よく見ると……ん? え? ええええええ!?

こいつタバコ吸ってるゥゥゥゥウウウ!!

なんとその店員、レジ内で一服してやがるのだ。フ、フリーダーーーームッ! こんなもん3度見、4度見してしまうがな!! 念のため、もう1回よく見てみる……が、どう見ても店員である。なぜか客がレジの中に紛れ込んだ、というわけではなさそうだ。おまえ、マジか!

・止まらねぇ

店員はこちらに気付きつつも、まだ何かに気を取られているご様子。その視線の先にはモニターがある。おい、まさか……!? そう、そのまさかである。こやつ、タバコを吸いながらテレビに夢中なのである。

え? 自分ん家なの? 後ろ髪を引かれるようにこちらにやって来る様は、ゲームの途中で夕飯に呼ばれた小学生を彷彿とさせた。

・コンビニの王

その後、まるで何事もなかったかのように会計作業を始めるも、チラチラとまだテレビを気にしているようだ。ここで先ほどの違和感、謎が解けた。店内放送で流れていたのは、こいつが見ていたドラマだか映画の音声だったのだ! ふぅ……。おめぇは何だ、王様か何かか? ていうか、どうやったんだそれ。

・笑ったけど……

会計を終えると、店員はイスに戻ってタバコをくわえ直し、再びテレビとのにらめっこが始まる。その姿を横目に店を出る私。さすがに中国でも、ここまでの猛者にはお目にかかったことがない。しかし、私は深い感動を覚えていた。感動に打ち震えていた。彼は、何か間違ったことをしただろうか?

・店員は悪くない?

店内は買い物出来る程度に整頓されていた。商品の補充も問題なし。会計はスムーズでお釣りも合っている。驚きはしたが、客として特に不満はなかった。ならば、別に彼が何をしていようが構わないのではないか? 高級店でもないのに、コンビニ店員にそれ以上何を求めるのか?

・求め過ぎでは

これが日本だったら大問題になっていただろう。撮影され面白半分でネットに拡散。本社にクレームを入れる輩も現れるかもしれない。だが、むしろそっちの方が異常だ。我々はサービスを提供する側に多くを求め過ぎている。生き辛い社会を作ることに、1人1人が進んで貢献してしまっている。

・海外の面白さ

「オモテナシ」は日本人の美徳だと言われればそれまでだし、私も実行する勇気はない。だからこそあの光景を、そういったことが許容される世の中を、どこか羨ましく思ったのだ。もしあなたがこんな場面に出くわしたら、どんな感想を持つだろうか?

それにしても、世界は広い。これだから海外に行くのは面白い。が……やっぱりあの時の店員よ、おまえはちょっとやり過ぎだかんな!

執筆:あひるねこ
イラスト:稲葉翔子




▼フリーダーーーームッ!

More from my site

Related Post

コメントを残す

Loading…