Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

『ゾロリ』30周年 作者が感慨 – asahi.com

  • 『かいけつゾロリ』原作者・原ゆたか氏(左)と岡田結実 (C)ORICON NewS inc.

  •  今年30周年を迎えたロングセラーの児童書シリーズ『かいけつゾロリ』(ポプラ社)の「30周年記念発表会」が13日、都内で行われ、原作者の原ゆたか氏らが出席。展覧会や劇場版製作など30周年記念プロジェクトが発表された。

    【写真】ゾロリから“一発芸”を伝授された岡田結実

     『かいけつゾロリ』は、いたずらの王者を目指すキツネの主人公・ゾロリと、ゾロリの子分で双子のイノシシ兄弟・イシシとノシシが修行の旅をしながら行く先々で活躍するストーリー。1987年に第1巻『かいけつゾロリのドラゴンたいじ』が発売された。これまで累計3500万部で今、1番小学生に読まれている児童書シリーズ。アニメ化や映画化もされている。

     30年を振り返った原氏は「私、最初は絵描きだった。本を書くなんて思ってもみなかった。5冊も書ければ、なんとかなると思っていたところ、こんなことになってしまいまして60冊書いてしまいました」と話した。「子どもの頃、本が嫌いな時期がありまして本が嫌いな子のために本を書こうと思って書き始めた」とシリーズを始めたきっかけを明かした。30年を迎えたが、創作意欲は衰えない。「サイン会をすると年長さんから小学生と会話するんですけど同級生だと思っている。60歳のじいさんが5歳児と対等にポケモンや妖怪ウォッチの話をしている。同年代の仲間と話すより楽しい。元気があるうちは書き続けて、みんなの期待に応えたい」と意欲を見せていた。

     会見では30周年記念プロジェクトとして『30周年記念かいけつゾロリ大冒険展』が4月26日から5月8日まで東京・日本橋高島屋8階ホールで開催されることが発表された。大冒険展を記念して30周年記念特設サイトで、全60巻の中から1番思い出に残る1冊を投票する総選挙企画がきょうからスタート。投票結果は展覧会の会場で明かされる。

     さらに新作映画が2017年冬に公開されることも決定。タイトルは『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』で、ゾロリたちがとある町にタイムスリップし、ゾロリのあの秘密がついに明らかに…、というストーリーとなっている。

     また、今年20周年を迎えたパーキングエリアの海ほたるともコラボ。4月1日から「海ほたる20周年×かいけつゾロリ30周年」と題し、約2メートルの巨大なゾロリのぬいぐるみが海ほたるに設置され、スタンプラリーなどが行われる。昨年、一足先に30周年を迎えた駄菓子の「ねるねるねるね」ともコラボし『かいけつゾロリのいたずらねるねる メロン味+さくらんぼ味』が7月3日から発売される。

     7月には夏新刊『かいけつゾロリのかいていりょこう(仮)』が、12月には冬新刊『かいけつゾロリのちていりょこう(仮)』が発売予定で、夏には「ゾロリ」の、冬には「イシシ・ノシシ」のオリジナルフィギュアが初回限定特典として付いてくることも決まった。原氏は「第1竜宮城と第2竜宮城があって…」と内容をバラしかけ、ポプラ社の社員から「先生、それ以上は」と静止される一幕もあった。




    Related Post

    コメントを残す

    Loading…