Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

「阪神―中日」前売り券発売 倉敷で7月11日、公式戦 – 山陽新聞 (会員登録)

「阪神―中日」の前売り券を求めて長い列をつくるファンら=山陽新聞社

 7月11日に倉敷市のマスカットスタジアムであるプロ野球公式戦「ダイワハウススペシャル 阪神―中日」(阪神タイガース、山陽新聞社主催)の前売り入場券の販売が28日、岡山市北区柳町の山陽新聞社などで始まった。

 岡山県内では今季唯一の公式戦。阪神がオープン戦でセ・リーグトップの4位と好調だったためか、同社さん太ホール前には約200人が列をつくり、午前9時の販売開始とともに目当ての席を買い求めた。同4時から並んだという阪神ファンの倉敷市、自営業男性(48)は「公式戦もこの調子で勝ち、首位で倉敷に来てもらいたい」と話していた。

 昨季4位の阪神はFAで糸井を獲得。新人王を獲得した高山や長打力のある福留、原口の並ぶ打線に厚みが増した。投手もワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場した藤浪、昨季10勝の岩貞ら若手が元気。2季目を迎える金本監督の下、12年ぶりのリーグVに挑む。中日は最多勝2度の吉見や又吉(環太平洋大出)らの投手力、大島や亀沢(作陽高―環太平洋大出)らの機動力で最下位から巻き返しを期す。

 前売り券は岡山市北区柳町の山陽新聞社サービスセンターや、岡山、倉敷市の主なスポーツ店、プレイガイド、山陽新聞販売所(取り寄せ)、ローソンチケット、チケットぴあ、セブンイレブン、サークルKサンクス、天満屋ハピータウンなどで販売する。特別内野指定席4600円、外野指定席1900円など。問い合わせは山陽新聞社事業本部(086―803―8015)。




Related Post

コメントを残す

Loading…