Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

「紀州梅のタルタルバーガー」 ファミマ×うまいもん甲子園 – 株式会社食品新聞社 (プレスリリース)

ご当地!絶品うまいもん甲子園 紀州産カリカリ梅のタルタルチキンバーガー ファミリーマート サークルK、サンクス

優勝メニューを商品化

全国の高校生が地元の食材を使ったオリジナルメニューを競い合う「ご当地!絶品うまいもん甲子園」(主催・農林水産省、全国食の甲子園協会)。その昨年度決勝大会を制した和歌山県立神島高等学校チームの「紀州産カリカリ梅のタルタルチキンバーガー」が7日、全国のファミリーマート及びサークルK、サンクスで発売された。

和歌山県産の梅肉を使った爽やかなタルタルソースが決め手の郷土愛あふれる商品。考案者の松下彩夏さん、小池つきうさん、岩崎実子さんが通う神島高校はうまいもん甲子園の決勝常連校だが、遂に全国制覇・全国発売の栄冠を手にした。

発売初日の7日に農水省で行われた記者発表では、農水省食料産業局長・井上宏司氏やファミリーマート商品本部デリカ食品部長・赤荻達也氏らに囲まれて優勝チームのメンバーが登壇。はにかんだ笑顔で場を和ませつつも、すでに地元の食品メーカーから共同商品開発を持ちかけられていることを明かし、大人たちを驚かせていた。

ファミリーマートは大会特別協賛企業として昨年から優勝メニューの全国展開を開始。会見の席上、赤荻部長は「期間限定品として確実にプラスオンが期待できる企画。今後も是非継続したい」と述べ、CSRの域を超えた活動になりつつあることを強調した。「特に今回のバーガーは加盟店の発注率が高く、大いに期待できる」という。

うまいもん甲子園は地域活性化と食と農の人材育成を目的に12年にスタート。モデルで全国食の甲子園協会会長の藤田志穂さんを旗振り役に、毎回100校以上がエントリーする一大イベントに発展している。

コメントを残す