Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

「フレンチテック」はどこから生まれる? パリのスタートアップエコシステムに潜入してわかったこと – WIRED.jp

洗練されたデザインと独創的な機能のプロダクトを生むフランスのスタートアップが、CESやSXSWといった国際的な展示会で存在感を増している。『WIRED』日本版は、2017年6月8日発売のVOL.28「ものづくりの未来」特集で、フランスでの現地取材を敢行。8社のハードウェアスタートアップとVC、メイカースペースで形成されたスタートアップエコシステムを訪れた。本誌に18ページにわたって掲載された「フレンチテック・モンアムール 欧州発、『ポストメイカーズ』の逆襲」から、そのエコシステムに関する論考を抜粋掲載する。

TEXT BY SHINYA YASHIRO

IoTセンサーをつくるパリのスタートアップ・Sen.seのラボでは、デザインを検討するためにデヴァイスのモックが何度も手作業で整えられていた。スタートアップ8社のレポートは本誌に掲載されている。

雑誌『WIRED』日本版最新号は、「ものづくりの未来」を90ページにわたって大特集! 大量生産・大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトは、いかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。そこからヒトは、何を得て、何を学ぶのか。イヴ・ベアールは未来の「感覚」をデザインする、フランス流「ハードウェア・スタートアップ」の人文学、京都式「長く続く」ための技術と伝統、北欧からはじまる「リペア・エコノミクス」の新時代、坂本龍一と考える「人・もの・音」…and more!

「『アントレプレナー』という言葉がもともとフランス語だったことを、フランス人は忘れていたんだ」。パリで取材したスタートアップの社長が、こんなことを言っていた。もともと“entreprendre”というフランス語の動詞は「取りかかる」という意味だったが、それが英語圏で「起業する」という意味をもち、近年「アントレプレナー」はフランス語圏にも「起業家」という意味をもった言葉として逆輸入されたという。ちなみに、「スタートアッパー」という英語も取材ではよく耳にした。自国語に誇りをもつフランス人は、「起業家」という言葉には無頓着だった。

「フレンチテック」とは何か?

日本でフランスのスタートアップシーンに注目が集まったのは、2017年1月にラスヴェガスで開催された家電見本市「CES 2017」。エウレカパークと呼ばれるスタートアップが集結するエリアに、178社のフランス生まれのスタートアップが出展したのだ。これはエリア全体の3分の1を占め、開催地である米国からの出展企業数203社に次ぐ数字だった。

多くのハードウェアプロダクトが、よくデザインされていて「オシャレ」だったこともあり、革製品や織物といった伝統的な産業のイメージが強かったフランスにスタートアップが存在していたことが、日本では驚きとともに迎えられたのだった。

そもそもフレンチテックとは、国内にあるスタートアップエコシステムの存在を国際的に知らしめるために、フランス政府がつくったブランド名である。15年ころから政府の支援が活発になり、企業・都市単位の支援、海外展開のためのネットワークづくりや、国外の起業家誘致が行われてきた。

17年の大統領選で勝利したエマニュエル・マクロンも、デジタル担当大臣時代(14〜16年)に積極的な活動を行い、このムーヴメントの中心人物と位置づけられている。シリコンヴァレーに負けないスタートアップのためのエコシステムが、フランスに存在していることを世界に伝えるために、彼らは英語の呼称をつくったのである。

しかし、「フレンチテック」の名のもとで起きているムーヴメントを手がかりに、この国のスタートアップシーンを分析することは、そもそもそれが外向きの言葉であるがゆえに、実際何が内側で起きているのかを知るには適切ではないと思われた。デザインがよい、技術力がある、政府の支援が厚い、という情報は、どうもフランス固有の事情としては理解できず、CESでのフランスに対する称賛の説明としては不十分なように思えたのだ。

  • frenchtech0142

    1/8『WIRED』日本版が取材したパリのスタートアップ8社をご紹介。本誌には彼らが大切にする「哲学」に関する論考が掲載される。WEZOOが開発するセンサー内蔵スマート傘「oombrella」。天候が自動でアップロードされ、ハイパーローカルな情報を集める。

  • WIRED Japan | French Tech

    2/8KEEKERが開発するインテリジェント可動プロジェクター「KEEKER」。ディスプレイという概念を再発明する。

  • WIRED Japan | French Tech

    3/8Sen.seが開発するモバイルIoTセンサー「SensePeanut」。フレンドリーなデザインと価格でIoTの民主化を目指す。

  • WIRED Japan | French Tech

    4/8QLEEKが開発する独自チップ専用音楽再生機「QLEEK PLAYER」。ミックステープのようなぬくもりある音楽体験がもたらされる。

  • WIRED Japan | French Tech

    5/8Romy Parisが開発する基礎化粧品生成マシン「FIGURE」。自分の肌に最適化された化粧品を生成できる。

  • WIRED Japan | French Tech

    6/8MEGが開発する自動水やり機能付き鉢植え「Léo」。家を離れても遠隔で水やりができる。

  • WIRED Japan | French Tech

    7/8Plume Labsが開発するモバイル空気汚染度トラッカー「Flow」。空気問題を可視化してくれる。

  • WIRED Japan | French Tech

    8/8Devialetが開発する小型超大音量スピーカー「Phantom」。世界のApple Storeで販売されている。

「メセナ」という伝統

「フランスにはメセナの伝統がある。数字が細かく書かれた事業計画がなくとも、われわれはコンセプトを説明するだけで、ブルジョワジー(資本家階級)から援助を受けられることがある。アーティストが支援されることに近いんだ」。IoTデヴァイスをつくるSen.seの社長、エマニュエル・ガヴァシュが、こんな話をしていた。

日本ではバブル期に流行した企業による文化支援・メセナの伝統は、欧州ではルネサンス期にまでさかのぼる。もちろん、すべての企業がブルジョワから資金を調達しているわけではないが、「投資」という言葉とは異なる「庇護」を受けることが可能な世界に、フランスのスタートアップはある。

取材をしていて、グザヴィエ・ニエルという名前を何度も聞いた。フランスで開発されたインターネットの先駆け、「ミニテル」というネットワークで、ピンクチャットサーヴィスを高校生のころに開発したのち、インターネットプロヴァイダー「free」で成功を収めた、フランスの孫正義とでもいうべき男である(実際にTモバイルの買収を巡って、孫とやりあったこともある)。

「工場をつくらないといけなかったんだ。フランス中を回ったが、自分たちが理想とするスピーカーはつくれないと言われた。だからグザヴィエの支援を受けて、われわれは自分たちのための工場を建てた」。こう語ったのは、超小型スピーカーをつくるスタートアップ、Devialetの共同創業者、エマニュエル・ナルダンだ。

グザヴィエの目利きは正しく、いまや同社はパリの一等地にフラッグシップストアを構え、世界のApple Storeに製品が置かれるほどの成功を収めている。目の前のスタートアッパーが、伝説的な投資家から投資を受けていたと聞いて驚いた。パリという街には、どうやら確かにひとりブルジョワが実在しているらしい。

  • SLIDE SHOW
  • Station Fは建設中だった。もともと予定していたスケジュールから竣工は遅れているものの、すでにフランソワ・ オランド前大統領やFacebook COOのシェ リル・サンドバーグなどの大物が視察に訪れているという。”>FULL SCREEN
  • FULL SCREEN
  • FULL SCREEN
  • FULL SCREEN
  • WIRED Japan | French Tech

    1/4取材した2017年4月、まだStation Fは建設中だった。もともと予定していたスケジュールから竣工は遅れているものの、すでにフランソワ・ オランド前大統領やFacebook COOのシェ リル・サンドバーグなどの大物が視察に訪れているという。

  • WIRED Japan | French Tech

    2/4世界初の「コミュニテ ィをベースにした VC」。無料で使えるプラットフォームを提供し、「ものづくり」に必要な知識を解決するコミュニティを運営している。お金で支援するという投資家としての役割 を超えて、新しいスタートアップ支援のかたちを定義している。

  • WIRED Japan | French Tech

    3/4フランス語で「工場」を意味する USINE は、起業家向けに特化した、アクセラレーターを兼ねるメイカースペース。会員となったスタートアップは、3D プリンターをはじめ多種多様な工作機械を使うことができるだけでなく、経験豊富なエンジニアに技術面での教え を乞うことができる。

  • WIRED Japan | French Tech

    4/4フレンチテックの拠点のひとつとして政府から認定されているフラ ンス南西部の都市リヨンで、毎年行われる IoT のフェスティヴァル。日本からも、DMM.make AKIBAをベースに活動するスタートアップが海を越えて出展していた。

今回の取材で、われわれが最も「大きな」衝撃を受けたStation Fもまた、グザヴィエによるものだ。これは彼が私費を投じてつくった世界で最大のスタートアップキャンパスである。建築現場を訪れたときに案内してくれたスタッフから、ここの3倍の空間(東京ドーム約0.7個分)がStation Fだと伝えられて、グザヴィエの資金力のすさまじさを思い知った。彼は3つの巨大な駅舎を改造してオフィスやファブスペース、レストランをつくり、起業家が生きるためのすべてが事足りる空間をつくりたいのだという。

これは1万坪の空間につくられた宇宙船、もしくは箱船のようだと思った。現地の経済誌ジャーナリストによれば、不況にあえぐフランス国民にとって、Station Fは世界の中心をもう一度フランスに取り戻すための象徴のように捉えられている。公共性、社会還元、ノブレス・オブリージュ、そんな言葉では表現しきれない圧倒的な「貢献」がそこにはあった。

つくるための「コミュニテ」

もちろん、フランスのスタートアップエコシステムがブルジョワだけに支えられているわけではない。Station Fから徒歩5分ほどの場所にあるUSINE(フランス語で「工場」の意味)は、工作機械やコワーキングオフィスを備えたコミュニティベースのアクセラレーター兼メイカースペースだ。2014年の創業以降、ここから毎年300以上のプロジェクトが羽ばたくという。

共同創業者のガリー・シージュは自分たちのコミュニティをこう誇る。「われわれはスタートアップとフリーランスや専門家、工場や製造請負業者をつなぐ。単なるファブスペースとは違って、つくったら終わりじゃないからね」。ハードウェアで世界に挑戦したいと思った起業家は、ここで仲間もノウハウも見つけることができる。

ハードウェア専門のVC、HARDWARE CLUBが支援するハードウェアスタートアップのプロダクトを集めたポップアップショップ。キュートに編集された動画が物欲をくすぐる。

英国の高級デパート、ハロッズでのポップアップショップなどで注目を集めるハードウェア専門のVC、HARDWARE CLUBもまた、コミュニティを基盤とした新しい投資のアプローチを行っている。ハードウェアの開発・販売までのナレッジを教えあう無料のプラットフォームを厳選された起業家に提供することで、彼らは未来の投資先を支援している。Kickstarterでの資金調達が成功しても大量生産の段階で問題に直面する企業が多いなか、彼らが投資する企業が成功を収めているのは、コミュニティのナレッジによるところが大きいという。

「起業家は孤独だ。しかもハードウェアをつくるための知識は、まだ十分に行きわたっているわけではない。経験者からすると簡単な問題に、長い間ぶつかってしまうこともある。だから、コミュニテ(フランス語でコミュニティ)が絶対に必要だと思ったし、自分たちがやるべきことだと思ったんだ」。共同創業者のアレキシス・ウースーは、創業前から抱いていた自らの意図を、こう語った。何かをつくり、それを世界に送りだすためには、人と人がつながる場所がいる。

さらに、フランス生まれのHARDWARE CLUBは、決して自らの可能性をフランス国内に限定していない。彼らは、日本やサンフランシスコにもオフィスを展開し、その「コミュニテ」を拡大させている。

その理由を共同創業者バーバラ・ベルヴィジはこう説明してくれた。「2011年に始まったメイカーズムーヴメントが、いまハードウェアルネサンスを起こそうとしている。世界中に拡がった投資家と起業家と工場のコミュニティが、人類を次のレヴェルに進めると思うの」。フランス人は、スタートアッパーとアントレプレナーという言葉の違いに頓着していない。国境を越えた、新しいものづくりのためのシステムが、フランスから生まれつつあるのだ。




雑誌『WIRED』日本版最新号は、「ものづくりの未来」を90ページにわたって大特集! 大量生産・大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトは、いかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。そこからヒトは、何を得て、何を学ぶのか。イヴ・ベアールは未来の「感覚」をデザインする、フランス流「ハードウェア・スタートアップ」の人文学、京都式「長く続く」ための技術と伝統、北欧からはじまる「リペア・エコノミクス」の新時代、坂本龍一と考える「人・もの・音」…and more!

Related Post

コメントを残す

Loading…